10月のおすすめ:部屋番号からこだわってみよう「木賃ナンバーズ」

たくさんあるモクチンレシピのなかから素敵なアイディアと出会ってもらうために、毎月ひとつ、モクチン企画がおすすめのレシピを紹介しています。2018年10月にご紹介するのは、お手軽レシピの代表格、部屋番号をおしゃれにしてくれる「木賃ナンバーズ」です。

今月のオススメレシピは「木賃ナンバーズ」です。室内の改修に気をとられて、ついつい外側がおろそかになっていませんか?

とはいえ外側は取り付く部材が多く、どれから手をつけるか悩みますよね。照明、メーター、配管、インターホン。まずは小さく改善するとしたら、どれから手をつけるべきでしょう。モクチン企画がお勧めするのは、古びた表札や部屋番号に注目することです。



「木賃ナンバーズ」は、部屋番号の表示を、物件に合わせたおしゃれなフォントで置き換えるレシピです。アクリル版や、カッティングシート、ステンシルを使った塗装など、方法は物件に応じて選択できます。

たとえば上記写真の事例では、周りの取り付く要素は変えずに、縦書きの部屋番号を特徴あるフォントで追加しています。左右の位置はドアホンの中心に、上下の高さは扉のドアスコープの中心に合わせてあります。ちょっとした注意ですが、それだけで数字が納まりよくきれいに感じられるのです。アクリル板なので、ボコボコとした壁にも接着可能です。



扉のように平らな面であれば、塗装したりカッティングシートの貼り付けも可能です。取り付けたい場所に応じて適切な材料を選ぶのがポイントです。

レシピとして提案しているのはどれもシンプルなフォントの数字ですが、ごちゃごちゃしがちな扉周りでこそそのシンプルさが活きます。

 ---

いかがだったでしょうか。「木賃ナンバーズ」は、簡単な操作で物件全体のイメージを印象付けられるおすすめのレシピです。細かい箇所へのこだわりや気配りを垣間見せることで、物件への印象を向上させましょう。ぜひ改修の機会に活用してみてください!



この記事に出てくるレシピ

お問い合わせ

改修のご相談はモクチン相談室へ
相談室に問い合わせる
特集集めよう木賃パーツ
2018.09.07 
よく見ると意外とチャーミング。ライトブルーのさわやかガス風呂釜。
特集アパート改修デザイン講座
2018.02.23 
[会員限定] 「2SW」で整えたら、ワンポイント加えて魅力をアップ
特集リノベーション図鑑
2018.05.11 
[会員限定] 原状回復済みだがなかなか入居者が決まらない築古物件の改修
特集アパート改修デザイン講座
2018.05.11 
[会員限定] [物件の分析] シークエンスから考えよう