メンバーズ会員規約

本メンバーズ会員規約(以下「本規約」といいます。)は、特定非営利活動法人モクチン企画が提供する個人向け会員限定オンラインサービスのご利用にあたり、会員の皆様に遵守していただくべき事項及び当法人と会員の皆様との間の権利義務関係に関する事項を定めております。会員登録の前に、必ず全文をお読み下さいますようお願い致します。


第1章 総則


第1条 定義


本規約において使用する以下の用語は、各々以下に定める意味を有するものとします。


1. 「当法人」とは、特定非営利活動法人モクチン企画を意味します。


2. 「会員」とは、本規約第3条に規定に基づいて、当法人が会員登録の申込みを承諾した個人を意味します。


3. 「会員登録希望者」とは、新たに会員になろうとする個人を意味します。


4. 「登録情報」とは、会員が会員登録の申込み時に届け出た、氏名、所属企業又は所属組織の名称、住所、郵便番号、電話番号、メールアドレス、職業(役職も含む。)、生年月日、性別、パスワード等の会員自身に関する情報を意味します。


5.  「モクチンレシピウェブサイト」とは、ホームページアドレス(URL)に「mokuchin-recipe.jp」をドメイン名として含む当法人が運営するウェブサイト(理由の如何を問わず、当法人のウェブサイトのドメイン又は内容が変更された場合は、当該変更後のウェブサイトを含みます。)を意味します。


6. 「モクチンレシピ」とは、モクチンレシピウェブサイト上に掲載された木造賃貸アパートを魅力的に改修するためのアイディアおよび、それに付随した「レシピの概要書」や「図面・仕様書」を意味します。


7.  「会員限定サービス」とは、当法人が、モクチンレシピウェブサイトを通じて、会員に対して提供するオンラインサービスを意味します。


8.  「会員専用ウェブコンテンツ」とは、当法人が会員に対して発行するユーザーID及びパスワードを入力することにより、モクチンレシピウェブサイト上で会員のみが利用することができるコンテンツを意味します。


9. 「会員契約」とは、本規約第3条に基づき会員登録の申込みを当法人が承諾した時点で、当法人と会員との間に成立する会員限定サービスの利用契約を意味します。


10. 「知的財産権」とは、特許権、実用新案権、意匠権、著作権、商標権その他の知的財産に関して法令により定められた権利(それらの権利を取得し、またはそれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます。)又は法律上保護される利益にかかる権利を意味します。


11. 「編集著作物等」とは、編集著作物(編集物(データベースに該当するものを除きます。)でその素材の選択又は配列によって創作性を有するもの)及びデータベースの著作物(データベース(論文、数値、図形その他の情報の集合物であって、それらの情報を電子計算機を用いて検索することができるように体系的に構成したもの)でその情報の選択又は体系的な構成によって創作性を有するもの)を総称したものを意味します。


12. 「二次的著作物」とは、著作物を翻訳し、編曲し、若しくは変形し、または脚色し、映画化し、その他翻案することにより創作した著作物を意味します。ただし、編集著作物等を構成する著作物は、二次的著作物とみなされません。また、原著作者及び実演家の名誉又は声望を害する方法で原著作物を改作、変形若しくは翻案して生じる著作物は、二次的著作物に含まれません。


 13. 「秘密情報」とは、会員契約又は会員限定サービスに関連して、会員が、当法人より書面、口頭、記録媒体等により提供若しくは開示されたか、又は知得した当法人の技術、営業、業務、財務、組織、その他の事項に関するすべての情報を意味します。ただし、以下の各号のいずれかに該当するものについては、秘密情報から除外するものとします。


(1) 会員が当法人から提供若しくは開示を受けたとき又は知得したときに、既に一般に公知となっていた、又は既に当該会員が知得していたもの


(2) 会員が当法人から提供若しくは開示を受けた後又は知得した後に、当該会員の責めに帰せざる事由により刊行物その他により公知となったもの


(3) 会員が提供又は開示する権限のある第三者から秘密保持義務を負わされることなく適法に取得したもの


(4) 会員が秘密情報によることなく単独で開発したもの


(5) 当法人から秘密保持の必要がない旨書面で確認されたもの


第2条 適用


1.  本規約は、会員限定サービスの利用条件及び当法人と会員との間の権利義務関係を定めることを目的とし、会員限定サービスの利用にかかる当法人と会員との間の一切の関係に適用されます。すべての会員は、本規約の内容を理解し、これに同意したものとみなされます。


2.  当法人は、モクチンレシピウェブサイト上に会員限定サービスに関するルール又は諸規程等を随時掲載します。このルール又は諸規程等は、本規約の一部を構成するものとします。


3.  本規約の規定の内容と、前項に規定するモクチンレシピウェブサイト上に掲載されるルール又は諸規程等の内容との間に齟齬がある場合には、本規約の規定が優先して適用されるものとします。


第2章 会員登録


第3条 会員登録


1.  会員登録希望者は、本規約のすべてに同意の上、当法人が定める手続に従って会員登録を申し込むものとし、当法人がこれを承諾したときに、会員契約が成立し、当該会員登録希望者は会員として登録されるものとします。当法人が、会員登録の申込みを承諾する場合には、その旨をお申込みに際して届け出られたメールアドレス宛に電子メールにてご通知いたします。なお、会員として会員限定サービスをご利用いただく際の利用条件等については、本規約が適用されます。


2.  会員の対象は個人に限ります。また、会費のお支払いはクレジットカード決済によるため、会員は、別紙1に記載のいずれかの本人名義のクレジットカードをお持ちの方に限ります。


3.  会員登録の申込みは、必ず会員登録希望者本人が行わなければならず、代理人による会員登録の申込みは認められません。また、会員登録希望者は、会員登録の申込みにあたり、真実、正確かつ最新の情報を当法人に届け出なければなりません。登録情報の不正確又は虚偽等により発生した損害についての責任は当該登録情報を届け出た会員が負うものとし、当法人は一切の責任を負いません。


4.  当法人は、会員登録希望者が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、会員登録の申込みを承諾しないことがあります。承諾しなかった場合の判断の理由については一切会員登録希望者に開示しません。また、会員登録希望者は当法人の判断の結果に対して異議を述べることはできません。


(1) 会員登録希望者が実在しない場合


(2) 会員登録希望者が当法人に届け出た情報の全部又は一部に虚偽またはこれに類する不正確な内容の記載があると判明した場合


(3) 会員登録希望者が暴力団員、暴力団準構成員、反社会的勢力に所属する者、その他これらに準じる者であると当法人が判断した者


  (4) 会員登録希望者が未成年者、成年被後見人、被保佐人又は被補助人のいずれかに該当する者であり、法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意等を得ていなかった場合


(5) 会員登録希望者が指定したクレジットカードについて、クレジットカード会社、金融機関等による利用停止処分が行われている場合等、会員登録希望者の信用が悪化していると当法人が認める場合


(6) 同一人物が複数の会員登録申込みを行った場合


(7) 会員登録希望者が本規約第21条に基づき利用停止又は会員登録の取消しを受けたことがある場合


(8) 本規約第19条各号のいずれかに該当している、又は該当するおそれがある場合


(9) その他、当法人が不適当と判断した場合


第4条 登録情報の変更


1.  会員は、登録情報に変更があった場合には、遅滞なく当法人が定める方法により当該変更事項を当法人に届け出るものとします。この届出がない場合、当法人は、登録情報の変更がないものとして取扱います。また、この場合において、当法人が変更事項に関する資料の提出を要求するときには、会員は要求された資料を提出するものとします。


2.  会員が、前項の届出を怠ったことにより、不利益を被ったとしても、当法人は一切その責任を負わないものとします。


第5条 ユーザーIDの発行


当法人が会員登録の申込みを承諾したときには、当法人は、会員に対して固有のユーザーIDを発行します。一の会員が複数のユーザーIDを保持することは認められませんので、その場合はユーザーIDの統合について当法人の指示に従っていただくものとします。


第6条 ユーザーID及びパスワードの管理


1.  会員は、自己の責任において、ユーザーID及びパスワード を管理及び保管するものとし、これを第三者に使用させたり、貸与、譲渡、名義変更、売買等したりしてはならないものとします。


2.  会員は、ユーザーID又はパスワード が盗まれたこと又は第三者に使用されていることが判明した場合には、直ちにその旨を当法人に通知するとともに、当法人からの指示に従うものとします。


3.  当法人は、ログイン時に入力されたユーザーID及びパスワードが、登録されたユーザーID及びパスワードと一致することを所定の方法により確認した場合、当該ログインを真正な会員のログインとみなし、会員による利用とみなします。ユーザーID 又はパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用により発生した損害についての責任は会員が負うものとし、当法人は一切の責任を負いません。


第7条 登録情報の取扱い等


1.  当法人は、当法人に適用のある個人情報の保護に関する法律(以下、「個人情報保護法」といいます。)その他の関係法令を遵守し、登録情報の適切な取扱いに努めます。


2.  会員は、会員限定サービスを利用するに際し、当法人に適用のある個人情報保護法その他の関係法令の規定に従い、当法人が会員の登録情報を取扱うことについて同意するものとします。


3.  当法人は、クレジットカード支払いの決済処理等について、登録情報の取扱いの全部又は一部を外部委託先に委託することができるものとします。


第8条 会員登録の有効期間


 会員登録の有効期間は、当法人が会員登録の申込みを承諾した時点をもって開始し、会員が本規約に基づく会員契約の解約の手続を完了した時点又は本規約に基づき当法人が会員登録を取り消した時点をもって終了するものとします。


第3章 会費等


第9条 会費


1.  会員は、月額1,980円(税別)の会費を負担するものとします。会費は、各月の会員登録日に応当する日(ただし、初回については、会員登録日。また、会員登録日に応当する日がない場合は、各月の最終日)を起算日とし、その翌月の会員登録日に応当する日(ただし、翌月の会員登録日に応当する日がない場合は、翌月の末日)の前日を満了日とする1か月(契約月)の単位をもって計算します。


2.  本規約に定める会員契約の解約又は会員登録の取消しによって、会員登録が終了しない限り、会員限定サービスを実際にご利用されたか否かにかかわらず、会費は毎月継続して発生します。


3.  当法人は、いかなる場合でも、既に支払われた会費の払戻し義務を一切負いません。


4.  当法人は、会員の事前の承諾を得ることなく、当法人の判断において、本条第1項に規定する会費の額を変更する場合があります。ただし、当該変更は将来に向かって効力を有するものとします。なお、会費の額を変更する場合には、当法人は、当該変更に先立ち、当該変更を行う旨をモクチンレシピウェブサイト上にて告知します。


5.  会員は、当法人が前項に規定する会費の額の変更にかかる告知を行った後、当法人が別途定める期間内に会員契約の解約の手続を行わない限り、当該会費の額の変更に同意したものとみなされます。


第10条 解約月の会費の取扱い


各契約月の途中で解除の手続をされた場合であっても日割り計算による返金等の清算は行わず、1か月分の会費をお支払いいただきます。


第11条 決済方法


1.  会費の支払いは、クレジットカードを利用した決済により行います。


2.  会費の支払いはクレジットカードによる決済のため、領収書の発行はできません。


第12条 クレジットカード決済業務の委託


1.  当法人は、会費の支払に関するクレジットカードによる決済業務をベリトランス株式会社(以下「ベリトランス」といいます。)に委託します。当法人は、会員のクレジットカード情報(クレジットカード番号、有効期限、セキュリティコード等)をベリトランスに開示・提供します。


2.  会員は、ベリトランスが会費の決済を代行すること及びかかる決済のために必要な情報を当法人がベリトランスに開示・提供することを了承するものとします。


3.  会員のクレジットカード番号、有効期限はベリトランスにおいて保持されます。当法人は、会員のクレジットカード情報を消去し、保持しません。


第13条 遅延利息


会員は、会費及びその他の当法人に対して負担する一切の債務について、支払期日から2週間を過ぎても履行しない場合には、元本に年14.6%の割合を乗じて計算される遅延利息が発生するものとし、支払期日後2週間を経過した日から実際の支払日までの日数分の遅延利息と元本とを一括して、当法人が指定する方法で支払うものとします。


第4章 会員限定サービス


第14条 会員限定サービスの概要


1.  会員は、会員専用ウェブコンテンツを利用することができます。


2.  会員限定サービスの内容及び利用条件等の詳細は、本規約に規定するもののほか、当法人が随時定めるところによるものとします。


3.  当法人は、会員の事前の承諾を得ることなく、当法人の判断において、会員限定サービスの内容及び利用条件、並びにモクチンレシピウェブサイト又は会員限定コンテンツの仕様及び内容等を変更する場合があります。ただし、当該変更は将来に向かって効力を有するものとします。なお、変更する場合には、当法人は、当該変更に先立ち、当該変更を行う旨をモクチンレシピウェブサイト上にて告知します。


第5章 会員専用ウェブコンテンツ


第15条 会員専用ウェブコンテンツの利用環境


1.  会員は、有効に会員登録されている期間内に限り、かつ、本規約に違反しない範囲内で、当法人が定める方法に従い、会員専用ウェブコンテンツを利用することができます。


2.  会員は、会員専用ウェブコンテンツを利用するために必要なインターネット接続料金及び設備(コンピュータ、ソフトウェアその他これに付随して必要となるすべての機器、通信回線その他の通信環境等)の準備及び維持を、自己の費用と責任において行うものとします。


3.  会員は、会員専用ウェブコンテンツの利用環境に応じて、コンピュータ・ウィルスの感染の防止、不正アクセス及び情報漏洩の防止等のセキュリティ対策を自らの費用と責任において講じるものとします。


4.  当法人は、会員の会員専用ウェブコンテンツの利用に関する環境について一切関与せず、また一切の責任を負いません。


5.  当法人は、会員が会員限定サービスを利用して物件を改修した場合、当法人の判断に基づいて、実際の改修例として、写真やコメントを付して改修内容及び改修状況等をモクチンレシピウェブサイトに載せることができるものとし、会員は、これに協力をするものとします。


第16条 会員専用ウェブコンテンツの内容


1.  いずれの会員も、会員専用ウェブコンテンツの内容として、以下に掲げるサービスを利用することができます。


ア モクチンレシピウェブサイト内の会員限定ページの閲覧及び利用


イ モクチンレシピウェブサイト上に掲載された「レシピの概要書」及び「図面・仕様書」の印刷及びダウンロード


2.  前項の会員専用ウェブコンテンツの内容及び詳細については、当法人の判断に基づいて、適宜変更することができるものとします。


第17条 著作物の利用許諾等


1. モクチンレシピウェブサイト及びモクチンレシピの所有権及び知的財産権は、すべて当法人又は当法人にライセンスを許諾している者に帰属しています。


2.  会員は、本規約に従って、モクチンレシピウェブサイトを通じて提供される機能の範囲内で、本条第5項に規定する制限を条件として、モクチンレシピウェブサイトに含まれる著作物(写真、説明文、図面、表題等のコンテンツそれ自体であり、物件を改修するためのデザインやそのアイディアは含みません。以下「本著作物」といいます。)につき、以下の利用行為(以下単に「利用」といいます。)に限り、許諾されます。ただし、以前に本規約の各規定に違反したことがないか、又は以前に本規約の各規定に違反した後、本条に基づく権利を行使するために当法人から明示的な許可を得ている場合に限ります。なお、モクチンレシピウェブサイトに第三者が知的財産権を有しているコンテンツが含まれている場合には、当該コンテンツについては、当該第三者の知的財産権を侵害しない範囲及び態様に限り、以下の利用ができるものとします。


(1) 本著作物を複製する行為(編集著作物等に組み込み複製する行為を含みます。以下同様とします。)


(2) 本著作物を翻案して二次的著作物を創作する行為


(3) 前号において創作した二次的著作物を複製する行為


(4) 本著作物又はその二次的著作物、若しくはこれらの複製物を頒布する行為(譲渡または貸与により公衆に提供する行為を含みます。以下同様とします。)、上映する行為、公衆送信を行う行為(送信可能化を含みます。以下同様とします。)、公に口述する行為、公に展示する行為


(5) モクチンレシピウェブサイトに含まれる実演を、録音・録画する行為(録音・録画物を複製することを含みます。)、録音・録画物により頒布する行為、公衆送信を行う行為   


3.  本著作物又はその二次的著作物の利用は、現在及び将来のすべての媒体・形式で行うことができます。また、他の媒体及び形式で本著作物又はその二次的著作物を本条の規定に従って利用する場合には、会員は、同利用に際して技術的に必要となる変更を行うことができるものとします。


4.  当法人は、会員が本規約に従って本著作物又はその二次的著作物を利用する限りにおいては、著作者人格権を行使しません。


5.  本条第2項及び第3項の規定による本著作物の利用許諾は、以下に掲げるすべての制限を遵守していることを条件とします。

    

(1) 会員は、本条に基づいてのみ、本著作物を利用することができます。 


(2) 会員は、本条等(本条の内容が変更された場合は、変更後の内容を含みます。また、本条と同一内容の他国籍の利用許諾条項も含みます。以下同様とします。)に基づいてのみ、本著作物の二次的著作物を利用することができます。 


(3) 会員は、本著作物を利用するときは、モクチンレシピウェブサイトより引用している旨、本条の写し又はURI(Uniform Resource Identifier)のいずれかを本著作物の複製物に添付又は表示しなければなりません。 


(4) 会員は、本著作物の二次的著作物を利用するときは、モクチンレシピウェブサイトより引用している旨、本条等の写し又はURIのいずれかを本著作物の二次的著作物の複製物に添付又は表示しなければなりません。 


(5) 会員は、本条及び本条によって付与される利用許諾受領者の権利の行使を変更又は制限するような、本著作物又はその二次的著作物にかかる条件を提案したり課したりしてはなりません。


(6) 会員は、本著作物を再利用許諾することができません。 


(7) 会員は、本条と矛盾する方法で本著作物へのアクセス又は使用をコントロールするような技術的保護手段を用いて、本著作物又はその二次的著作物を利用してはいけません。


(8) 本項の制限は、本著作物又はその二次的著作物が編集著作物等に組み込まれた場合にも、その組み込まれた本著作物又はその二次的著作物に関しては適用されるものとします。しかし、本著作物又はその二次的著作物が組み込まれた編集著作物等そのものは、この利用許諾の規定に従う必要はありません。 


(9) 会員は、会員名で、本著作物、その二次的著作物、又はこれらを組み込んだ編集著作物等を利用する場合には、以下の事項を遵守しなければなりません。


ア 本著作物にかかるすべての著作権表示を維持すること


イ 当法人又は当法人にライセンスを許諾している者のクレジットを、その氏名を伝える等の合理的な方式により表示すること


ウ 本著作物のタイトルが示されている場合には、当該タイトルを表示すること


エ 当法人が本著作物に添付するよう指定したURIがあれば、合理的に実行可能な範囲で、当該URIを表示すること(ただし、当該URIが本著作物の著作権表示又はライセンス情報を参照するものでないときはこの限りでありません。)


オ 二次的著作物の場合には、当該二次的著作物中の原著作物の利用を示すクレジットを合理的な方式により表示すること


カ 二次的著作物又は編集著作物等の場合には、少なくとも他の同様の著作者のクレジットが表示される箇所で当該クレジットを表示し、その表示は少なくとも他の同様の著作者のクレジットと同程度に目立つ方法によること


(10) 会員は、本著作物の二次的著作物、又は本著作物若しくはその二次的著作物を組み込んだ編集著作物等を創作した場合、当法人からの通知により当該二次的著作物又は編集著作物等に関して何らかの要求があれば、要求の内容が実行可能である限り、当該要求に応じなければなりません。


(11) 会員は、本著作物及びモクチンレシピウェブサイトにかかる当法人の知的財産権が侵害されている又は侵害されるおそれがある事実を発見した場合には、直ちに当法人にその事実を報告し、それに対する差止、損害賠償請求その他必要な対抗措置をとることについて、全面的に協力しなければなりません。


(12) 会員は、本著作物の著作物性、その他モクチンレシピウェブサイトにかかる知的財産権の有効性を直接たると間接たるとを問わず、争ってはなりません。


6. 当法人において、会員による本著作物の利用の態様が不適切であると判断した場合には、当法人は当該会員に対して、本著作物の利用の停止又は利用の態様の変更を指示できることとし、当該会員は当法人の指示に従うものとします。


7.  会員は、本条第2項の範囲を超えて、又は本条第5項に違反して、本著作物又はその二次的著作物を利用した場合、当法人又は当法人にライセンスを許諾している者から、これらの利用の差止め及び損害賠償その他の請求を受ける場合があります。


8.  会員が本条に違反した場合、本条に基づく本著作物の利用許諾は、自動的に終了し、それ以降、当該会員は、本著作物を一切利用することができなくなるとともに、当法人からの指示があった場合には、遅滞なく、当該指示に従い、本著作物、その二次的著作物及びこれらを組み込んだ編集著作物等並びにこれらの複製物の返還、廃棄その他の処分を行うものとします。ただし、本著作物、その二次的著作物及びこれらを組み込んだ編集著作物等並びにこれらの複製物を本条に基づき当該会員から受領した第三者は、本条を遵守している限り、これらを引き続き利用することができます。


9.  前項に規定する場合を除き、本条に基づく本著作物の利用許諾は、会員契約の終了に至るまで継続するものとします。


10.  前項及び本規約第23条の規定に関わらず、当法人は、いつでも本著作物を本条に基づき会員の利用に供することを将来に向かって中止することができるものとします。ただし、この場合であっても、本条に基づき本著作物の提供を受けた会員は、本条を遵守している限り、受領済みの本著作物を引き続き本条に基づいて利用することができるものとします。


第18条 商標の使用許諾


1.  当法人の商号、モクチンレシピという名称、当法人のロゴマーク、モクチンレシピのロゴマーク(以下、これらを併せて「本商標」といいます。)の所有権及び知的財産権は、すべて当法人又は当法人にライセンスを許諾している者に帰属しています。


2.  会員は、本規約に従って、モクチンレシピウェブサイトを通じて提供される機能の範囲内で、本条第3項に規定する制限を条件として、会員のウェブサイト上又は印刷物上に表示する等、本商標のうち、当法人の商号及びモクチンレシピという名称を「使用」(商標法第2条第3項第1号乃至第8号に該当する行為をいいます。)することができます。なお、本商標のうち、当法人のロゴマーク及びモクチンレシピのロゴマークについては、本条に定める使用許諾の対象に含めないものとします。


3.  前項による本商標の使用許諾は、以下に掲げるすべての制限を遵守していることを条件とします。


(1) 会員は、直接又は間接に、本商標に類似し又はこれと混同する可能性がある商標、商号その他の標識を作成し、使用し、商標登録出願し、又は商標登録をしてはなりません。


(2) 会員は、本商標の識別力を失わせ、又は本商標若しくは当法人の信用を損ない、若しくは損なうおそれのある行為をしてはなりません。


(3) 会員は、本商標を当法人以外の第三者の商品若しくは役務と混同させ、又は本商標を付したものの品質や効能を誤信させるおそれのある態様で使用してはなりません。


(4) 会員は、当法人の同意がない限り、モクチンレシピを用いずに改修した物件について本商標を使用する等、モクチンレシピと独立して、又はモクチンレシピと無関係に、本商標を使用してはなりません。


(5) 会員は、本商標を使用するに際して、当法人の事前の承諾を得ることなく、本商標と「認定」又は「監修」その他の当法人が推奨していることを想起させる文言とを併せて使用してはなりません。また、本商標のうち、モクチンレシピという名称を使用する際には、「モクチンレシピ使用物件」又は「モクチンレシピ使用」等のように、これを「使用」という文言と併せてのみ使用することができるものとします。


(6) 会員は、当法人との間の信頼関係を破壊するような態様で本商標を使用してはなりません。


(7) 会員は、本商標を再使用許諾することができません。


(8) 会員は、本商標及びモクチンレシピウェブサイトにかかる当法人の知的財産権が侵害されている又は侵害されるおそれがある事実を発見した場合には、直ちに当法人に報告し、それに対する差止、損害賠償請求その他必要な対抗措置をとることについて、全面的に協力しなければなりません。


(9) 会員は、本商標の登録の有効性、その他本商標にかかる知的財産権の有効性を直接たると間接たるとを問わず、争ってはなりません。 


4.  会員は、本条第2項の範囲を超えて、又は本条第3項に違反して、本商標を使用した場合、当法人又は当法人にライセンスを許諾している者から、これらの使用の差止め及び損害賠償その他の請求を受ける場合があります。


5.  会員が本条に違反した場合、本条に基づく使用許諾は、自動的に終了し、それ以降、当該会員は、本商標を一切利用することができなくなるとともに、当法人からの指示があった場合には、遅滞なく、当該指示に従い、本商標の返還、廃棄その他の処分を行うものとします。


6.  前項に規定する場合を除き、本条に基づく使用許諾は、会員契約の終了に至るまで継続するものとします。


7.  前項及び第23条の規定に関わらず、当法人は、いつでも本商標を本条に基づき会員の使用に供することを将来に向かって中止することができるものとします。ただし、当法人が、本商標を本条に基づき使用に供することを将来に向かって中止した場合であっても、本条に基づき本商標の使用を始めていた会員は、本条を遵守している限り、受領済みの本商標を引き続き本条に基づいて使用することができるものとします。


第6章 禁止事項


第19条 禁止事項


いずれの会員も、会員限定サービスの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為を行ってはなりません。


(1) 本規約において規定される場合を除き、当法人、他の会員又はその他の第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、名誉、その他の権利又は利益を侵害する行為(かかる侵害を直接又は間接に惹起する行為を含みます。)


(2) 犯罪行為に関連する行為又は公序良俗に反する行為


(3) 法令、本規約、当法人が定める他の規程等、又は当法人若しくは会員が所属する業界団体の内部規則に違反する行為


(4) 虚偽の情報を登録する行為


(5) コンピュータのソフトウェア、ハードウェア、通信機器の機能を妨害、破壊、制限しうるコンピュータ・ウィルスその他の有害なコンピュータ・プログラムを含む情報を送信し、又は他者が受信可能な状態に置く行為


(6) 一の会員が複数のユーザーIDを持つ行為、又は一のユーザーIDを複数人で共同して保持、利用する行為


(7) 当法人により会員登録を拒否された者又は会員登録を取り消された者等の代わりに会員登録の申込みを行う行為


(8) 第三者に会員限定サービスを利用させる行為


(9) 会員として有する権利を第三者に譲渡、売買、貸与等する行為、又は使用させる行為


(10) アクセス可能なモクチンレシピウェブサイトのコンテンツ若しくは情報、又は他者のコンテンツ若しくは情報を改ざん、消去する行為


(11) 当法人又は他者になりすます行為


(12) 当法人のネットワーク又はシステム等に過度な負荷をかける行為


(13) 当法人のネットワーク又はシステム等に不正にアクセスし、又は不正なアクセスを試みる行為


(14) 当法人が事前に許諾してない目的、方法、態様等による会員限定サービスを利用した宣伝、広告、勧誘又は営業行為


(15) 他の会員の登録情報の収集行為


(16) 会員限定サービスの運営を妨害する行為等、会員限定サービスに関連し当法人又は第三者に不利益を与える行為


(17) 長時間の架電、同様の問い合わせの過度な繰り返し、又は義務や理由のないことの強要等により、当法人の業務に著しく支障を来す行為


(18) 前各号の行為を直接若しくは間接に惹起し、又は容易にする行為


(19) その他、当法人が不適切と判断する行為



第7章 会員限定サービスの停止及び会員登録の終了等


第20条 会員契約の解約


1.  会員は、会員契約を解約する場合、当法人が定める手続に従って解約手続を行うこととし、当該解約手続の完了をもって、会員契約が解約されたものとみなします。


2.  当法人は、本条に基づき会員契約が解除された場合においても、理由の如何を問わず、既に会員から受領した会費その他の金銭等の払戻しは一切行いません。


3.  会員は、契約月の途中で解約手続を行った場合であっても、当契約月分の会費の全額を支払うものとします。


第21条 会員登録の取消し等


1.  当法人は、会員が以下の各号のいずれかの事由に該当する場合には、事前に通知又は催告することなく、当該会員について会員限定サービスの利用を一時的に停止し、又は会員登録を取消すことができます。


(1) 本規約のいずれかの条項に違反した場合


(2) 会費その他の債務の履行を遅滞し、又は支払いを拒否した場合


(3) 決済方法の利用が停止された場合


(4) 支払停止若しくは支払不能となり、又は破産手続開始、民事再生手続開始若しくはこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合


(5) 自ら振出し、若しくは引き受けた手形又は小切手につき、不渡りの処分を受けた場合


(6) 差押え、仮差押え、仮処分、強制執行又は競売の申立てがあった場合


(7) 租税公課の滞納処分を受けた場合


(8) 死亡した場合又は後見開始、保佐開始若しくは補助開始の審判を受けた場合


(9) 本規約第3条第4項各号のいずれかに該当すると当法人が判断した場合


(10) 本規約第19条各号のいずれかに該当すると当法人が判断した場合


(11) 暴力団員、暴力団準構成員、右翼団体に所属する者、反社会的勢力に所属する者、その他これらに準じる者であると当法人が判断した者


(12) 当法人が本規約違反の状態の解消を求めたにもかかわらず、会員がこれに応じない場合


(13) その他、会員限定サービスの利用、会員としての登録の継続を適当でないと当法人が判断した場合


2.  前項各号のいずれかに該当した場合、会員は、当該時点において当法人に対して負っている債務の一切について、当然に期限の利益を失い、直ちに当法人に対してすべての債務の支払を行わなければなりません。


3.  当法人は、当法人が本条第1項に規定する措置を講じた場合、当該措置により会員に生じた損害について、一切の責任を負いません。


4. 会員が本条第1項各号に該当することにより、当法人が損害を被った場合、会員登録の取消しの有無にかかわらず、当該会員は当法人が被ったすべての損害を直ちに賠償するものとします。


第22条 会員限定サービスの提供の停止及び終了等


1.  当法人は、以下のいずれかに該当する場合には、会員に事前に通知することなく、会員限定サービスの提供の全部又は一部を一時的に停止又は中断することがあります。


(1) 会員限定サービスにかかるコンピュータ・システムの点検又は保守作業を定期的又は緊急に行う場合


(2) コンピュータ、通信回線等が事故により停止した場合


(3) 地震、火災、停電、噴火、洪水、津波、戦争、暴動、労働争議、その他不可抗力により会員限定サービスの提供ができなくなった場合


(4) その他、運営上又は技術上、当法人が会員限定サービスの提供の停止又は中断を必要と判断した場合


2.  当法人は、前項各号のいずれかに該当する場合において、当法人が会員限定サービスの提供を継続することが困難であると判断したときには、会員限定サービスの提供を終了することができます。かかる場合には、当法人は、登録情報として当法人に登録されているメールアドレスに電子メールを送信する方法によって、会員に事前に通知するものとします。


3.  前項の規定により、当法人が会員限定サービスの提供を終了した場合における当法人と会員との契約関係の処理については、会員契約の解約(第20条)により会員契約が終了する場合に準じて取り扱うものとします。

4.  当法人は、本条に基づき当法人が行った措置により会員に生じた損害について、一切の責任を負いません。


第23条 会員契約終了の効果


1.  本規約に従って、会員が会員限定サービスに関する会員登録を解約した場合(第20条)又は当法人が会員登録を取り消した場合(第21条)、これにより会員登録が終了となった当該会員は、会員登録に伴い提供されていた第14条に掲げる会員限定サービス、第17条の規定に従い利用許諾された本著作物のうち、第三者が知的財産権を有しているコンテンツ、その二次的著作物、及び本商標等について、一切の利用、使用、その他の処分ができなくなります。


2.  本規約に従って、当法人が会員限定サービスの提供を終了した場合(第22条)、会員は、会員登録に伴い提供されていた第22条に掲げる会員限定サービス、第17条の規定に従い利用許諾された本著作物(第三者が知的財産権を有しているコンテンツに限りません。)、その二次的著作物、及び本商標等について、一切の利用、使用、その他の処分ができなくなります。


3.  前2項に規定する場合には、当該会員は、会員限定サービスの利用を直ちに停止するとともに、当法人の指示に基づき、遅滞なく、当法人から提供を受けた会員限定サービスに関連するソフトウェア、コンテンツ、及びマニュアルその他の物につき、返還、廃棄その他の処分を行うものとします。


第8章 雑則


第24条 情報の保存


1.  当法人は、会員が当法人に送受信したメッセージその他の情報を運営上一定期間保存していた場合であっても、かかる情報を保存する義務を負うものではなく、当法人はいつでもこれらの情報を削除できるものとします。


2.  当法人は、本条に基づき当法人が行った措置により会員に生じた損害について、一切の責任を負わないものとします。


第25条 ダウンロード等についての注意事項


1.  会員は、会員限定サービスの利用開始に際し、又は会員限定サービスの利用中に、モクチンレシピウェブサイトからのダウンロードその他の方法により、ソフトウェア等を会員のコンピュータ等にインストールする場合には、会員が保有する情報の消滅若しくは改変又は機器の故障、損傷等が生じないよう十分な注意を払うものとします。


2.  当法人は、会員による前項の行為によって会員に生じた損害について、一切の責任を負わないものとします。


第26条 保証の否認及び免責


1.  当法人は、会員限定サービス、モクチンレシピウェブサイト、本著作物及び本商標につき、如何なる保証も行うものではありません。また、会員が当法人から直接又は間接に会員限定サービス、モクチンレシピウェブサイト、本著作物、本商標、他の会員に関する情報を得た場合であっても、当法人は、会員に対し、本規約において規定されている内容を超えて、如何なる保証も行うものではありません。


2.  当法人は、会員限定サービス及びモクチンレシピウェブサイトに含まれるコンテンツ及び情報の完全性、正確性、適用性、有用性、利用可能性、安全性、確実性等を含む法律上の瑕疵担保責任(隠れた瑕疵を含む)を含むすべての明示又は黙示の保証を行いません。


3.  当法人は、本商標のうち、商標登録されているものにつき、無効事由が存在しないことを保証するものではありません。また、当法人は、会員による本商標の使用が第三者の権利により制限を受けないことを保証するものではありません。


4.  会員は、会員の責任において、本著作物及び本商標を利用するものとし、本規約第17条及び第18条に基づく本著作物及び本商標の利用から発生する如何なる損害についても、当法人は、賠償する責任を負わないものとします。


5.  会員は、会員の責任において、モクチンレシピを利用するものとし、モクチンレシピを改修対象となる物件に使用及び適用する一切の行為、並びに使用及び適用の結果(設計施工、集客等)について、当法人は、一切の責任及び保証を負わないものとします。


6.  会員は、会員限定サービスを利用することが、会員に適用のある法令、業界団体の内部規則等に違反するか否かを自己の責任と費用に基づいて調査するものとし、当法人は、会員による会員限定サービスの利用が、会員に適用のある法令、業界団体の内部規則等に適合することを何ら保証するものではありません。


7.  会員は、本規約に違反することにより、又は会員限定サービス若しくはモクチンレシピウェブサイトの利用に関連して、当法人に損害を与えた場合には、当法人に対しその損害を直ちに賠償しなければなりません。


8.  会員限定サービス及びモクチンレシピウェブサイトに関連して、会員と他の会員又は第三者との間において生じた取引、連絡、紛争等については、会員の責任において処理及び解決するものとし、当法人はかかる事項について一切の責任を負いません。


9.  当法人は、当法人による会員限定サービスの提供の中断、停止、終了、利用不能又は変更、会員のメッセージ又は情報の削除又は消失、会員登録の取消、会員限定サービスの利用によるデータの消失又は機器の故障若しくは損傷、その他会員限定サービスに関連して会員が被った損害につき、賠償する責任を一切負わないものとします。


10. モクチンレシピウェブサイトから他のウェブサイトへのリンク、又は他のウェブサイトからモクチンレシピウェブサイトへのリンクが提供されている場合でも、当法人は、モクチンレシピウェブサイト以外のウェブサイト並びにそこから得られる情報に関して、如何なる理由に基づいても一切の責任を負わないものとします。


11.  会員と当法人と間の会員契約が消費者契約法第2条第3項の消費者契約に該当する場合には、本規約のうち、当法人の責任を完全に免責する規定は適用されないものとします。会員契約が消費者契約に該当し、かつ、当社が債務不履行または不法行為に基づき損害賠償責任を負う場合については、当法人に故意又は重過失ある場合を除き、当法人は、損害の事由が生じた時点から遡って過去1年間の期間に会員から現実に受領した会費の合計金額を上限として、損害賠償責任を負うものとし、特別な事情から生じた損害等(損害発生につき予見し、又は予見し得た場合を含みます。)については責任を負わないものとします。


第27条 秘密保持


1.  会員は、秘密情報を会員限定サービスの利用の目的のみに利用するとともに、当法人の書面による事前の承諾なしに第三者に当法人の秘密情報を提供、開示又は漏洩しないものとします。


2.  前項の定めに拘わらず、会員は、法律、裁判所又は政府機関の命令、要求又は要請に基づき、秘密情報を開示することができます。ただし、この場合、会員は秘密情報の開示に先立って、開示の根拠となる法律、命令、要求又は要請の内容及びこれに応じて秘密情報を開示する旨を当法人に通知しなければなりません。


3.  会員は、秘密情報を記載した文書又は磁気記録媒体等を複製する場合には、あらかじめ当法人の書面による承諾を得ることとし、複製物の管理については本条に準じて厳重に行うものとします。


4.  会員は、当法人が要求する場合にはいつでも、遅滞なく、当法人の指示に従い、秘密情報並びに秘密情報を記載又は包含した書面その他の記録媒体物及びそのすべての複製物を返却又は廃棄しなければなりません。


第28条 会員限定サービスの内容及び本規約の変更等


1.  当法人は、当法人の判断により相当の事由があると認めた場合には、会員の事前の承諾を得ることなく、会員限定サービスの内容及び本規約(モクチンレシピウェブサイト上に掲載する会員限定サービスに関するルール、諸規程等を含みます。)をいつでも変更することができるものとします。なお、会員限定サービスの内容及び本規約を変更する場合には、当法人は、当該変更に先立ち、当該変更を行う旨をモクチンレシピウェブサイト上にて告知します。


2.  変更後の会員限定サービスの内容及び本規約は、当法人が別途定める場合を除き、モクチンレシピウェブサイト上に告知した時点より効力を生じるものとします。


3.  会員限定サービスの内容及び本規約の変更の効力が生じた後に、会員が会員限定サービスを利用した場合又は当法人の定める期間内に会員契約の解約の手続をとらなかった場合には、これをもって、変更後の会員限定サービスの内容及び本規約に同意したものとみなされます。


4.  会員限定サービスの内容及び本規約の変更がなされた場合、本規約に別段の定めがない限り、変更前に会員によって行われた行為についても、変更後の会員限定サービスの内容及び本規約が適用されます。


5.  本規約の英語その他の言語への翻訳が存在し、当該翻訳と本規約の日本語文との間に何らかの齟齬がある場合には、本規約の日本語文が優先するものとします。


第29条 連絡/通知


会員限定サービスに関する問い合わせその他会員から当法人に対する連絡又は通知、及び本規約の変更に関する通知その他当法人から会員に対する連絡又は通知は、当法人が定める方法で行うものとします。


第30条 会員契約上の地位の譲渡等


1.  会員は、当法人の書面による事前の承諾なく、会員契約上の地位又は本規約に基づく権利又は義務につき、第三者に対し、譲渡、売買、貸与、担保設定、その他の処分をすることはできません。


2.  本規約に基づく会員の地位は、一身専属のものとします。当法人は、会員の死亡を知り得た時点をもって本規約第20条の会員契約の解約がなされたものとみなします。


3.  当法人は会員限定サービスにかかる事業を第三者に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い、会員契約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びに会員の登録情報その他の会員に関する情報を当該事業の譲受人に譲渡することができるものとし、会員は、かかる譲渡につきあらかじめ同意するものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、合併、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含みます。


第31条 分離可能性等


1.  本規約のいずれかの規定又はその一部が、消費者契約法その他の法令等により 無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び無効又は執行不能と判断された一部を除く残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。また、本規約の一部が特定の会員との間で無効又は執行不能と判断された場合でも、その他の会員との関係では本規約は完全に効力を有するものとします。


2.  当法人及び会員は、前項の規定により無効若しくは執行不能と判断された規定又は部分を適法とし、執行力を持たせるために必要な範囲で修正する等の方法により、当該無効若しくは執行不能な条項又は部分と同様の効果を実質的に確保できるように努めるものとします。


第32条 存続規定


第3条第3項第3文、第4条第2項、第6条第3項第2文、第9条第3項、第13条、第15条第4項、第17条第5項、第20条第2項、第21条第2項から第4項まで、第22条第3項及び第4項、第24条から第27条まで、第30条及び第33条の規定は、会員契約の終了後も当該会員との間で有効に存続し、効力を有するものとします。


第33条 準拠法及び管轄裁判所


1.  本規約は、日本法に準拠し、解釈されるものとします。

2.  本規約に起因又は関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。


第34条 協議解決


当法人及び会員は、本規約に定めのない事項又は本規約の解釈に疑義が生じた場合には、互いに信義誠実の原則に従って協議の上、速やかに解決を図るものとします。


【平成25年9月1日改定】

【平成26年10月20日改定】

【平成27年2月9日改定】

【平成29年7月25日改定】


 


別紙1


クレジットカード一覧


VISA


MASTER CARD


JCB


AMERICAN EXPRESS


DINERS CLUB INTERNATIONAL