2月のおすすめ:思い切りよくやりましょう「まるっとペイント」

たくさんあるモクチンレシピのなかから素敵なアイディアと出会ってもらうために、毎月ひとつ、モクチン企画がおすすめのレシピを紹介しています。2019年2月にご紹介するのは、思い切りよくアクセントを作る「まるっとペイント」です。

登場したころは派手なイメージのあったアクセントクロスも、いまやすっかり改修の定番になりましたね。壁の一面を柄や色の入ったクロスにして空間を印象づける方法です。


ところが、アクセントは他と違って初めて"アクセント"になるもの。ただ一面変えるだけでは、真新しさを感じないのではないでしょうか。


今回ご紹介する「まるっとペイント」は、おもに1Kの物件のK側の部屋を壁・天井・扉などすべて一色に仕上げてしまい、空間全体をアクセント化するレシピです。




普段過ごす部屋が派手な一色で仕上げられていると落ち着かないかもしれませんが、一日のうち短い時間しか過ごさないキッチンスペースに色があると、むしろ空間の切り替わりが感じられて、部屋の落ち着きが強調されます。


色を加えることで、空間だけでなく物件で過ごす時間にも彩りを与えられるレシピです。



居室側は白く、キッチンとのメリハリが効いている

色の選択には正解不正解はありませんが、原色というよりは、少しだけ落ち着いた色を選んであげましょう。かといって、"ペールトーン"と呼ばれるような淡い色よりは、濃いめの色を使って居室とメリハリをつけるのがポイントです。


 ---


いかがだったでしょうか。「まるっとペイント」は、間取りを活かしてアクセントにするレシピです。1Kの改修を一味変えたい方は、ぜひ活用してみてください!

この記事に出てくるレシピ

お問い合わせ

改修のご相談はモクチン相談室へ
相談室に問い合わせる
特集リノベーション図鑑
2018.12.21 
[会員限定] 特徴の無い一階の物件を、外構を活かして改修した物件
特集今月のおすすめレシピ
2018.03.01 
3月のおすすめ:クッションフロアをあきらめない。「のっぺりフロア」
特集知っておきたい基礎知識
2018.01.25 
知っておきたい、原状回復時の内装仕上げの選び方。[床材編]
特集知っておきたい基礎知識
2017.11.17 
知っておきたい!物件の接道条件の考え方。再建築か改修か?