築古狭小戸建てのツボを抑えた改修

「リノベーション図鑑」では、モクチン企画が行った物件改修のポイントを解説しています。今回は、築古かつ狭小の戸建て物件を、変える/残すのバランスを取りながら効果的に改修した事例をお届けします。



今回ご紹介するのは埼玉県川口市に在る戸建て物件の改修です。上下階合わせても50㎡程度のコンパクトな物件でした。築40年以上経過しており、全体的に経年劣化の目立つ物件でした。



早速改修前の状態を見ていきましょう。

玄関を入り、まず手前には6帖の居室があります。

奥には4.5帖程度のキッチン室と、浴室、トイレといった水回り設備が固まって配置されています。

↑写真手前が居室、奥が水回りスペースとなっています。板張りの天井と塗り壁の典型的な和室です。全体的にくすんで汚れており、暗い印象でした。



↑水回りスペースです。キッチン本体、床材、壁材など全体的に傷み、汚れがみられ清潔感が感じられません。写真左手に浴室とトイレがあります。湿気の影響もあり居室に比べて傷みが激しい印象でした。


↑浴室はバランス釜タイプでした。



続いて2階です。こちらも一階と同じ様に6帖の居室と4.5帖程度の居室の二間続きとなっています。



↑階段を上がって入るとまず4.5帖間があります。板張りの壁、濃い色の床、またちょっとした造作収納のような棚がありました。



↑奥の6帖間です。こちらは一階に比べるとなかなか状態が良く、また光もよく入り明るい印象でした。特に天井や壁などはそのままでも活用できそうな印象でした。



以上が改修前の状態になります。その他、一部に雨漏りがみられたためそちらも修繕する必要がありました。このように戸建て物件だと一般的な賃貸アパートに比べて、床面積以上に改修箇所が多くなりその分コストも膨らみがちです。

そういった場合には、全ての部分をやろうとするのではなく、やはりポイントを絞ってツボを抑えた改修をしていくのが重要となります。


********




さて、ではこの物件がどのように変わったのでしょうか。早速見てみましょう。

まずは一階からです。





いかがでしょうか?

薄暗く、汚れていた印象の部屋がさわやかに変わりました。

天井・壁は「ぱきっと真壁」を使い木造らしい軸組の印象が引立つ様に改修しました。床は「のっぺりフロア」を使うことでシンプルに仕上げています。

また建具には「シャイニングふすま」、パーツ類は「チーム銀色」を使い全体の印象をシャープにまとめています。

また居室と水回りの仕切りには「広がり建具」を使って、仕切りながらもつながった印象が生まれる様に工夫しました。




つづいて二階を見てみましょう。











板張りだった4.5帖は「ホワイト大壁」や「市松フローリング」をつかい、明るい洋室として仕上げました。奥の居室は主たる変更部分は「ライティングレール」と「シャイニングふすま」のみとし、コストダウンをはかりつつ上手く既存を残して表情に変化を持たせています。


また、細かい部分ですが畳のへりもしっかりとシンプルなものを選ぶのもポイントです。ただ「表替え」のみで発注すると施工業者のセンス任せになってしまいがちですが、そういった細かい部分まで指定していく事が魅力的な部屋作りの重要なステップとなります。



↑ライティングレール応用編。スポットライトではなくバルブライトを設置しています。



********



かくして、各部屋のバランスを取りながらポイントを絞って改修する事で、既存を残しながらも適度にメリハリ・変化の感じられる物件となりました。コスト的にも、既存を活かしていく事で全てを洋室・フローリングに変えてしまうような一般的なフルリフォームに比べて抑える事ができました。

モクチンレシピは部分的かつ汎用的なアイデアの集まりなので、今回のように物件の状況に応じて選択して使っていくことができます。


アパート改修デザイン講座」や「モクチンスクール報告書」では具体的な物件の物件の分析方法やレシピの組み合わせ方を学ぶ事ができます。こちらもぜひ参考にしてみてください!


この記事に出てくるレシピ

お問い合わせ

改修のご相談はモクチン相談室へ
相談室に問い合わせる
特集集めよう木賃パーツ
2018.09.07 
よく見ると意外とチャーミング。ライトブルーのさわやかガス風呂釜。
特集モクチンスクール
2018.10.19 
モクチンスクール2018秋、開校! 受講生は、モクチンレシピをどう学ぶ?
特集モクチンスクール
2018.01.11 
しっかり伝える!最終回『撮影のいろはとレシピ虎の巻』
特集リノベーション図鑑
2018.04.19 
[会員限定] やっぱり日々の手入れが大事!状態の良い戸建て物件のポイントを絞った改修方法