和室の改修の鍵を握る、床系レシピの選び方

前回の記事では、和室を改修するための基本公式「3S」について紹介しました。真壁(S)、シルバー(S)、照明(S)の3つのSです。そして、それに関連するレシピも説明しました。さて、今回はもう一歩深く踏み込んでみましょう。最初のSである「真壁」の魅力を引き出すレシピとして「ぱきっと真壁」を前回紹介しましたが、組み合わせとして重要になるのが「床」をどうするかということです。ここでは、そうした床の改修方法について考えてみます。

この記事は会員専用記事です。
メンバーズ会員になって、記事を読めるようにしましょう!

メンバーズ会員になる

この記事に出てくるレシピ

お問い合わせ

改修のご相談はモクチン相談室へ
相談室に問い合わせる
特集今月のおすすめレシピ
2018.01.11 
1月のおすすめ:古材再利用で新築と差別化。「廃材鍵置き」
特集知っておきたい基礎知識
2018.01.25 
知っておきたい、原状回復時の内装仕上げの選び方。[床材編]
特集今月のおすすめレシピ
2017.11.07 
11月のおすすめ:部屋の狭さを解決する建具「広がり建具」
特集パートナーズ・インタビュー
2018.04.06 
東郊住宅社の場合:「ここに住みたい!! 」の作り方。日常をデザインする不動産業【後編】