長期入居者の退出後、部屋全体が経年劣化した木造アパートの改修

今回はザ・木賃アパートといった趣をもつ、築古物件を改修した事例を紹介します。

同じ方が十年以上にわたって住まわれている物件ってありますよね。退去後に中をみてみるとびっくり、全体的に汚れてしまっていて、現状回復するだけでも大きなコストがかかりそう・・・設備や雰囲気も古くさくて、人に貸すにも気が引ける。いっそ改修しないまま放置しておく方が楽だと、物件を塩漬けにしてしまっているという方も多いのではないでしょうか。

この記事は会員専用記事です。
メンバーズ会員になって、記事を読めるようにしましょう!

メンバーズ会員になる

この記事に出てくるレシピ

お問い合わせ

改修のご相談はモクチン相談室へ
相談室に問い合わせる
特集今月のおすすめレシピ
2018.11.09 
11月のおすすめ:くすんだ和室に輝きを「シャイニングふすま」
特集リノベーション図鑑
2018.07.25 
[会員限定] 間取り・仕様は悪くないのに、雰囲気が古くさくてもったいない築古物件
特集リノベーション図鑑
2018.05.11 
[会員限定] 原状回復済みだがなかなか入居者が決まらない築古物件の改修
特集集めよう木賃パーツ
2017.07.15 
名札の付け方がニクい!郵便受けから勝手に想像する住んでいる人のあれこれ