長期入居者の退出後、部屋全体が経年劣化した木造アパートの改修

今回はザ・木賃アパートといった趣をもつ、築古物件を改修した事例を紹介します。

同じ方が十年以上にわたって住まわれている物件ってありますよね。退去後に中をみてみるとびっくり、全体的に汚れてしまっていて、現状回復するだけでも大きなコストがかかりそう・・・設備や雰囲気も古くさくて、人に貸すにも気が引ける。いっそ改修しないまま放置しておく方が楽だと、物件を塩漬けにしてしまっているという方も多いのではないでしょうか。

この記事は会員専用記事です。
メンバーズ会員になって、記事を読めるようにしましょう!

メンバーズ会員になる

この記事に出てくるレシピ

お問い合わせ

改修のご相談はモクチン相談室へ
相談室に問い合わせる
特集知っておきたい基礎知識
2018.07.13 
知っておきたい、防災にも役立つ効果的な外構改修
特集パートナーズ・インタビュー
2018.03.23 
平和建設の場合:不動産業って難しい!? 新たな「まちの不動産屋」への挑戦【後編】
特集アパート改修デザイン講座
2018.04.13 
[会員限定] [物件の分析] 「最小限の改修で、物件を再生する」そのために知っておかなければいけないこと。
特集アパート改修デザイン講座
2017.10.10 
[会員限定] 和室の改修の鍵を握る、床系レシピの選び方