特徴の無い一階の物件を、外構を活かして改修した物件

「リノベーション図鑑」では、モクチン企画が行った物件改修のポイントを解説しています。今回は、特徴がなく可もなく不可もなくといった物件を、シンプルに整えつつ、外構を活かしながら効果的に改修した事例をお届けします。木賃アパートはワンルームマンションの様にまったく同じ部屋が大量にある訳ではなく、多くの物件が4〜10戸程度で構成されており、それぞれの部屋と外部との関係、また1・2階によって部屋ごとに印象が異なります。外部空間を上手く活かすことで、内装に力を入れすぎなくても魅力的な物件はつくることができます。

この記事は会員専用記事です。
メンバーズ会員になって、記事を読めるようにしましょう!

メンバーズ会員になる

この記事に出てくるレシピ

お問い合わせ

改修のご相談はモクチン相談室へ
相談室に問い合わせる
特集動画:築古賃貸物件ワンポイント改修メソッド
2019.10.11 
[会員限定] 2-5.これはダメ。「中途半端な長さで取り付ける」
特集今月のおすすめレシピ
2019.10.11 
10月のおすすめ:ご近所さんにも大貢献「減築デッキ」
特集築古賃貸の水まわりラボ
2019.09.20 
賃貸の「水まわりプロダクト」研究のはじまり!
特集レシピ改善速報
2019.09.13 
9月のレシピ改善速報──さわやか銀塗装 / 横幅いっぱいミラー
特集動画:築古賃貸物件ワンポイント改修メソッド
2019.09.13 
[会員限定] 2-4.これはダメ。「2種以上の柄物を使う」
特集今月のおすすめレシピ
2019.09.06 
9月のおすすめ:ロフトを広げる「立体天井」