11月のおすすめ:くすんだ和室に輝きを「シャイニングふすま」

たくさんあるモクチンレシピのなかから素敵なアイディアと出会ってもらうために、毎月ひとつ、モクチン企画がおすすめのレシピを紹介しています。2018年11月にご紹介するのは、部分を変えれば全体が変わる、そんなレシピの代表格「シャイニングふすま」です。

今月のオススメレシピは「シャイニングふすま」です。人気の出ない和室の改修、どこから変えるか悩みませんか?
洋室に変えるのはお金がかかりますし、かといって現状回復するだけでは訴求力がない。そんなとき、和室の印象をガラリと変えられるアクセントになるのがふすまの改修です。



「シャイニングふすま」は、通常ふすま紙や壁紙で張り替えるところ、ステンレス調の化粧シートを張り込むレシピです。
 たとえば上記写真の事例では、壁・天井は白く変え、床を「ざっくりフロア」で仕上げています。ほとんど和室の様子を残していますが、出入りするふすまだけを「シャイニングふすま」に変更しています。毎日出入りする、一番印象に残るところをシルバーの輝くふすまにすることで、部屋全体の印象がシャープな感じに変えられます。



 壁や天井を既存利用する場合は、面積の大きい押入れのふすまを変更するのもおすすめです。面が大きい分、周囲の既存のしつらえとの新旧の対比が際立ちます。



 ---

いかがだったでしょうか。「シャイニングふすま」は、張り物を普段と変えるだけのレシピですが、部屋の印象を大きく変えることが可能です。和室を変える第一歩として、ぜひ改修の機会に活用してみてください!

お問い合わせ

改修のご相談はモクチン相談室へ
相談室に問い合わせる
特集パートナーズ・インタビュー
2018.03.15 
平和建設の場合:不動産業って難しい!? 新たな「まちの不動産屋」への挑戦【前編】
特集モクチンスクール
2017.10.23 
実践編スタート! スクール第二回『和室タイプの改修』
特集リノベーション図鑑
2017.08.02 
[会員限定] スッキリさせて、スパイスを加える。どうしようもないように思えるワンルームの改修。
特集モクチンスクール
2018.07.13 
モクチンスクール2018春、第四回。やっぱり物件は見た目から!『外構の改修』の基本と実践的ワークショップ