間取り・仕様は悪くないのに、雰囲気が古くさくてもったいない築古物件

「リノベーション図鑑」では、モクチン企画が行った物件改修のポイントを解説しています。今回は、基本的な間取りや仕様の過不足はないのに、雰囲気の古臭さのために魅力を感じられない「もったいない物件」を改修した事例をお伝えします。

この記事は会員専用記事です。
メンバーズ会員になって、記事を読めるようにしましょう!

メンバーズ会員になる

この記事に出てくるレシピ

お問い合わせ

改修のご相談はモクチン相談室へ
相談室に問い合わせる
特集今月のおすすめレシピ
2017.10.10 
10月のおすすめ:実は防災にも効果あり。「スッキリ敷地境界」
特集アパート改修デザイン講座
2018.04.13 
[会員限定] [物件の分析] 「最小限の改修で、物件を再生する」そのために知っておかなければいけないこと。
特集モクチンスクール
2018.01.11 
しっかり伝える!最終回『撮影のいろはとレシピ虎の巻』
特集アパート改修デザイン講座
2018.06.08 
[会員限定] [物件の分析] エレメントに分解して考えよう