間取り・仕様は悪くないのに、雰囲気が古くさくてもったいない築古物件

「リノベーション図鑑」では、モクチン企画が行った物件改修のポイントを解説しています。今回は、基本的な間取りや仕様の過不足はないのに、雰囲気の古臭さのために魅力を感じられない「もったいない物件」を改修した事例をお伝えします。

この記事は会員専用記事です。
メンバーズ会員になって、記事を読めるようにしましょう!

メンバーズ会員になる

この記事に出てくるレシピ

お問い合わせ

改修のご相談はモクチン相談室へ
相談室に問い合わせる
特集アパート改修デザイン講座
2017.08.01 
[会員限定] 知っておくと便利、和室改修の基本公式「3S」
特集リノベーション図鑑
2017.09.25 
[会員限定] 長期入居者の退出後、部屋全体が経年劣化した木造アパートの改修
特集パートナーズ・インタビュー
2018.03.15 
平和建設の場合:不動産業って難しい!? 新たな「まちの不動産屋」への挑戦【前編】
特集イベントレポート
2018.12.28 
モクチン現地ツアー埼玉編レポート、平和建設株式会社の場合