どんな部屋にもまずはこれ!「ライティングレール」

たくさんあるモクチンレシピのなかから素敵なアイディアと出会ってもらうために、毎月ひとつ、モクチン企画がおすすめのレシピを紹介しています。2018年7月にご紹介するのは、どんな部屋にも使える万能選手、その名の通り「ライティングレール」です。改修の定番ですが、モクチンレシピとしての一工夫を見ていきましょう。

今月のオススメレシピは「ライティングレール」です。好きな照明を好きな位置に取り付けることのできるライティングレールを紹介したレシピです。


上の写真は、一般的な和室に「ライティングレール」を用いた事例です。部屋の作りをほとんど変えていませんが、ライティングレールの導入により部屋の印象が大きく変わります。この部屋の場合はシルバーの照明を選ぶことで部屋のアクセントに、また取り付け位置は柱に揃えることですっきりとさせています。



またこちらの事例では、白くまとめた部屋になじむよう、スポットライトも白いものを選んでいます。コンパクトなワンルームなので、レールの位置は片側に寄せて広がりを作っています。


 ---


いかがだったでしょうか。「ライティングレール」は導入が簡単ですが、色の選び方や取り付け位置など、組み合わせ次第で部屋の印象を大きく変えることのできるレシピです。「ライティングレール」のレシピページでは、その他の事例も多数掲載しています。


また仕様書では具体的な品番や、選び方のヒントになる「よくある質問と回答」を追記しました。是非こちらの記事と合わせてご確認ください!

この記事に出てくるレシピ

お問い合わせ

改修のご相談はモクチン相談室へ
相談室に問い合わせる
特集リノベーション図鑑
2017.09.25 
[会員限定] 長期入居者の退出後、部屋全体が経年劣化した木造アパートの改修
特集パートナーズ・インタビュー
2018.04.06 
東郊住宅社の場合:「ここに住みたい!! 」の作り方。日常をデザインする不動産業【後編】
特集リノベーション図鑑
2017.10.25 
[会員限定] 時代遅れになってしまった、ワンルームタイプのロフト付アパート改修
特集モクチンスクール
2018.06.15 
モクチンスクール2018春、第三回。アパート改修の肝!『洋室タイプの改修』のレクチャーと実践的ワークショップ