「白いタイル」と「木製土台」の二層構造。レトロ洗面器の陰影。

日々、数多くの木賃アパートをみているモクチン企画のスタッフが、心惹かれた木賃アパートのパーツを紹介していきます。いつか木賃萌えという言葉ができるといいですね。今回は、風呂なしトイレ共有のTHE木賃アパートでみつけたレトロな洗面器です。

本体の白い100角タイル、そして洗面の底にある細かい水色の角タイル。この組み合わせ、非常に素晴らしいです。


あじけない樹脂製のユニットタイプの洗面台より全然いいと思います。


角が丸まっているのも味愛嬌を感じます。


そしてそして、特筆すべきなのは、木製の台座があること。


ソリッドでテカテカの上部と、シックで穏やかな下部。


この2層構造がなんとも言えないレトロな味わいを醸し出しているのです。左側が影で、独特の存在感があります。この陰影が木賃アパートの侘び寂びの世界でしょう。


ただ一つ問題は水しか出ないということ。改修する際は、お湯も出るようにしたいですね...。




お問い合わせ

改修のご相談はモクチン相談室へ
相談室に問い合わせる
特集リノベーション図鑑
2017.10.25 
[会員限定] 時代遅れになってしまった、ワンルームタイプのロフト付アパート改修
特集リノベーション図鑑
2018.03.08 
[会員限定] ロフトの魅力を最大化!物置きではなく、居心地の良い隠れ家空間へ