やっぱり日々の手入れが大事!状態の良い戸建て物件のポイントを絞った改修方法

「リノベーション図鑑」では、モクチン企画が行った物件改修のポイントを解説しています。今回は元々の状態が良い戸建て物件に対して、ポイントをしぼって改修した事例をお伝えします。戸建て物件はアパートと違い、面積が大きく、建物・内装を構成する要素も多いため、改修コストを抑えるためにはポイントを絞って改修をしていく必要があります。


また実家の土地建物を相続などで取得されるケースも多いですが、将来的に活用を見越すのであれば放置せず、まずは最低限でも手入れをして良好な状態を保つことが重要になっていきます。建物は放置してしまうとあらゆる部分ですぐに傷みや劣化が始まってしまいます。長期間放置して、いざ活用しようと思い立った時には傷みが激しく、多額の改修費用がかかってしまうケースも多く見られます。ひとまず寝かしておく物件でも、定期的に掃除や空気の入れ替え、設備点検など、最低限のメンテナンスを心がけましょう。

この記事は会員専用記事です。
メンバーズ会員になって、記事を読めるようにしましょう!

メンバーズ会員になる

この記事に出てくるレシピ

お問い合わせ

改修のご相談はモクチン相談室へ
相談室に問い合わせる
特集アパート改修デザイン講座
2017.08.01 
[会員限定] 知っておくと便利、和室改修の基本公式「3S」
特集動画:築古賃貸物件ワンポイント改修メソッド
2019.06.25 
[会員限定] 2-1.これはダメ。「和室を洋室に変える」(1)良くない改修事例
特集モクチンスクール
2017.11.07 
提案力を鍛える! スクール第三回『洋室タイプの改修』
特集今月のおすすめレシピ
2017.12.15 
12月のおすすめ:外構を制する者が改修を制す。「縁側ベルト」と「ポツ窓ルーバー」