[物件の分析] 「最小限の改修で、物件を再生する」そのために知っておかなければいけないこと。

最小限の改修で物件を再生するために、身につけなければいけないことがあります。それはどんな能力でしょうか?デザインのセンスでしょうか、改修の経験値でしょうか、それとも見積もりの減額交渉力でしょうか?答えはそのどれでもありません、意外なところにあります。今回の記事は、普段の「レシピの組み合わせノウハウ」ではなく、その前提となる(そして最も重要な)ちょっとした考え方について紹介します。

この記事は会員専用記事です。
メンバーズ会員になって、記事を読めるようにしましょう!

メンバーズ会員になる

お問い合わせ

改修のご相談はモクチン相談室へ
相談室に問い合わせる
特集モクチンスクール
2017.10.23 
実践編スタート! スクール第二回『和室タイプの改修』
特集集めよう木賃パーツ
2017.07.15 
名札の付け方がニクい!郵便受けから勝手に想像する住んでいる人のあれこれ
特集集めよう木賃パーツ
2017.07.15 
ロックなヤツ見つけました。エレクトリックでアヴァンギャルドな分電盤
特集モクチンスクール
2018.07.20 
モクチンスクール2018春、第五回。改修したら上手にプロモーション。最後は『撮影のいろは』で物件の魅力を発信!