[物件の分析] 「最小限の改修で、物件を再生する」そのために知っておかなければいけないこと。

最小限の改修で物件を再生するために、身につけなければいけないことがあります。それはどんな能力でしょうか?デザインのセンスでしょうか、改修の経験値でしょうか、それとも見積もりの減額交渉力でしょうか?答えはそのどれでもありません、意外なところにあります。今回の記事は、普段の「レシピの組み合わせノウハウ」ではなく、その前提となる(そして最も重要な)ちょっとした考え方について紹介します。

この記事は会員専用記事です。
メンバーズ会員になって、記事を読めるようにしましょう!

メンバーズ会員になる

お問い合わせ

改修のご相談はモクチン相談室へ
相談室に問い合わせる
特集イベントレポート
2018.12.21 
モクチン企画の忘年会「AGENDA 2020」大盛況のうちに終了いたしました!
特集リノベーション図鑑
2017.09.25 
[会員限定] 長期入居者の退出後、部屋全体が経年劣化した木造アパートの改修
特集イベントレポート
2018.12.28 
モクチン現地ツアー埼玉編レポート、平和建設株式会社の場合
特集レシピ改善速報
2018.11.30 
11月のレシピ改善速報──ひろびろシャワールーム(リサーチ編)