[物件の分析] 「最小限の改修で、物件を再生する」そのために知っておかなければいけないこと。

最小限の改修で物件を再生するために、身につけなければいけないことがあります。それはどんな能力でしょうか?デザインのセンスでしょうか、改修の経験値でしょうか、それとも見積もりの減額交渉力でしょうか?答えはそのどれでもありません、意外なところにあります。今回の記事は、普段の「レシピの組み合わせノウハウ」ではなく、その前提となる(そして最も重要な)ちょっとした考え方について紹介します。

この記事は会員専用記事です。
メンバーズ会員になって、記事を読めるようにしましょう!

メンバーズ会員になる

お問い合わせ

改修のご相談はモクチン相談室へ
相談室に問い合わせる
特集パートナーズ・インタビュー
2018.03.29 
東郊住宅社の場合:「ここに住みたい!! 」の作り方。日常をデザインする不動産業【前編】
特集パートナーズ・インタビュー
2018.03.23 
平和建設の場合:不動産業って難しい!? 新たな「まちの不動産屋」への挑戦【後編】
特集知っておきたい基礎知識
2018.05.25 
知っておきたい、一味変える照明設備の選び方。
特集知っておきたい基礎知識
2017.11.17 
知っておきたい!物件の接道条件の考え方。再建築か改修か?