[物件の分析] 「最小限の改修で、物件を再生する」そのために知っておかなければいけないこと。

最小限の改修で物件を再生するために、身につけなければいけないことがあります。それはどんな能力でしょうか?デザインのセンスでしょうか、改修の経験値でしょうか、それとも見積もりの減額交渉力でしょうか?答えはそのどれでもありません、意外なところにあります。今回の記事は、普段の「レシピの組み合わせノウハウ」ではなく、その前提となる(そして最も重要な)ちょっとした考え方について紹介します。

この記事は会員専用記事です。
メンバーズ会員になって、記事を読めるようにしましょう!

メンバーズ会員になる

お問い合わせ

改修のご相談はモクチン相談室へ
相談室に問い合わせる
特集動画:築古賃貸物件ワンポイント改修メソッド
2019.08.22 
[会員限定] 2-3.これはダメ。「木目を塗りつぶす」
特集リノベーション図鑑
2019.08.22 
築27年の1LDKマンションを明るく機能的な部屋へ改修
特集レシピ改善速報
2019.08.09 
8月のレシピ改善速報ーシャイニング玄関
特集今月のおすすめレシピ
2019.08.02 
8月のおすすめ:これぞレシピの真骨頂「ホワイト大壁」
特集動画:築古賃貸物件ワンポイント改修メソッド
2019.08.01 
[会員限定] 2-2.これはダメ。「押入をクローゼットにする」
特集集めよう木賃パーツ
2019.07.18 
家主と住人をつなぐ??、超アナログコミュニケーションツール。