整え方と残し方!間取りが細かく、部屋数が多すぎる戸建て物件の改修

「リノベーション図鑑」では、モクチン企画が行った物件改修のポイントを解説しています。今回は築50年近い戸建ての改修についてご紹介します。部屋数が多いこちらの物件からは、一部屋単位の改修からでも活かせる様々なポイントが見えてきます。どのような改修がありえるのか、レシピを使った実例をお届けします。

この記事は会員専用記事です。
メンバーズ会員になって、記事を読めるようにしましょう!

メンバーズ会員になる

この記事に出てくるレシピ

お問い合わせ

改修のご相談はモクチン相談室へ
相談室に問い合わせる
特集アパート改修デザイン講座
2017.11.30 
[会員限定] 「3S」で整えたらもう一押し、「建具」と「収納」に着目せよ。
特集リノベーション図鑑
2017.09.25 
[会員限定] 長期入居者の退出後、部屋全体が経年劣化した木造アパートの改修
特集リノベーション図鑑
2018.09.14 
[会員限定] 部屋数の多いファミリー物件。フルリノベでなく、部屋の印象を整える方針で、費用を抑えた改修を実現
特集今月のおすすめレシピ
2017.11.07 
11月のおすすめ:部屋の狭さを解決する建具「広がり建具」