ロフトの魅力を最大化!物置きではなく、居心地の良い隠れ家空間へ

「リノベーション図鑑」では、モクチン企画が行った物件改修のポイントを解説しています。今回は80年代から90年代にかけて数多く建てられた、ロフト付のワンルームタイプの物件の改修についてご紹介します。建てられた当時は人気がありもてはやされましたが、今では狭く圧迫感がある、ロフトが有効活用できないなど、もはやネガティブなイメージすらあるロフト付のワンルーム。そのような物件にレシピを使うことで、ロフトが魅力的な生活空間に変わり、部屋全体もすっきりとした印象に変わりました。


この記事は会員専用記事です。
メンバーズ会員になって、記事を読めるようにしましょう!

メンバーズ会員になる

この記事に出てくるレシピ

お問い合わせ

改修のご相談はモクチン相談室へ
相談室に問い合わせる
特集動画:築古賃貸物件ワンポイント改修メソッド
2019.10.11 
[会員限定] 2-5.これはダメ。「中途半端な長さで取り付ける」
特集今月のおすすめレシピ
2019.10.11 
10月のおすすめ:ご近所さんにも大貢献「減築デッキ」
特集築古賃貸の水まわりラボ
2019.09.20 
賃貸の「水まわりプロダクト」研究のはじまり!
特集レシピ改善速報
2019.09.13 
9月のレシピ改善速報──さわやか銀塗装 / 横幅いっぱいミラー
特集動画:築古賃貸物件ワンポイント改修メソッド
2019.09.13 
[会員限定] 2-4.これはダメ。「2種以上の柄物を使う」
特集今月のおすすめレシピ
2019.09.06 
9月のおすすめ:ロフトを広げる「立体天井」