最小限の手数で魅力的に!築古の戸建て改修のポイント

「リノベーション図鑑」では、モクチン企画が行った物件改修のポイントを解説しています。今回は、築年数がかなり経過した古い戸建て物件を、最小限の手数で魅力的に改修した事例をお届けします。戸建て物件のような面積の大きい物件の場合、建物全体に手を入れようとすると、どうしてもコストが積み上がってしまいます。しかし、物件の状態をよく観察して適材適所に「モクチンレシピ」を使っていくことで、効果的に改修を行うことができます。


この記事は会員専用記事です。
メンバーズ会員になって、記事を読めるようにしましょう!

メンバーズ会員になる

この記事に出てくるレシピ

お問い合わせ

改修のご相談はモクチン相談室へ
相談室に問い合わせる
特集リノベーション図鑑
2018.05.11 
[会員限定] 原状回復済みだがなかなか入居者が決まらない築古物件の改修
特集リノベーション図鑑
2018.03.08 
[会員限定] ロフトの魅力を最大化!物置きではなく、居心地の良い隠れ家空間へ
特集今月のおすすめレシピ
2017.12.15 
12月のおすすめ:外構を制する者が改修を制す。「縁側ベルト」と「ポツ窓ルーバー」
特集知っておきたい基礎知識
2018.04.27 
知っておきたい、原状回復時の内装仕上げの選び方。[壁材編]