原状回復済の物件にもう一手間!既存を活かした戸建て改修

今回は、既に現状回復工事済みできれいになっている状態の物件に、ちょっとしたひと手間を加えることで大きく魅力が向上した事例を紹介します。現状でも貸す事はできるが、そのままだとイマイチ魅力がないと感じている物件や、現況回復済だけではなかなか入居者が決まらないない物件への、+αの一手としてレシピを使う参考になればと思います。

今回ご紹介するのは、都内某所の戸建て物件の事例です。築年数自体はかなり経っていますが、以前に大規模なリフォームをされていたとのことで、内装は基本的に洋室として仕上げられていました。


以前はゲストハウス用物件として使われていましたが、今後は賃貸物件として出していきたいという内容のご相談でした。現状そのままでも貸し出す事はできますが、モクチンレシピを使ってひと工夫加えて、賃貸物件としての魅力を付け加えることがプロジェクトの目標でした。


では早速改修前の状態をみていきましょう。まずは玄関・廊下部分です。状態がよく全体的にきれいですが、少し暗い印象があります。


[改修前/玄関・廊下]


階段の手前を右手に入ると、6帖程度の居室が2間並んでおり、さらにその奥が水回りになっています。3間が縦にならんでいる構成です。



[改修前/1階手前の居室]


真ん中の部屋は前後の部屋に挟まれており、なおかつ窓が無いため、昼間でも照明が必要な暗い部屋になってしまっていました。



[改修前/1階真ん中の居室]


続いて二階です。


こちらも一階と同じ様に、キッチンスペース、ダイニングスペース、リビングスペースの3間が続いた構成となっています。



[改修前/2階キッチンスペース]


真ん中のダイニングスペースには窓があり一階の寝室に比べると開放感がありますが、それでも少々窮屈に感じられます。



[改修前/2階ダイニングスペース]


リビングスペースは建具(押入れ、引き戸)が木目調のものになっており、部屋全体に圧迫感をもたらしてしまっているような印象でした。



[改修前/2階リビングスペース]


*******


以上が改修前の状態です。


直前までゲストハウスとして利用されていたこともあり、このままでも問題なく貸せる物件ではありますが、強いて言えば以下のポイントが気になります。


・部屋数は多いものの各室が細かく区切られており、狭い印象になってしまっている


・特に1、2階とも真ん中の部屋が、圧迫感があり暗い印象


・木目、木部の色数が多く、少しごちゃごちゃした印象がある。


モクチン企画では普段から物件を見る際には上記のように物件の特徴と課題を整理しますが、見方を変えるだけで物件の魅力が再発見されることも多いため、きちんと言語化することはとても重要です。



*******



では、この物件がどのように変わったのでしょうか?


早速、改修後の様子をみていきましょう。



[改修後/2階リビングスペース]



いかがでしょうか?


これまで木目調の建具で細かく区切られていた部屋が「広がり建具」を使うことで、ひとつながりのひろびろとした空間に感じられるようになりました。壁を抜くようなの大規模な工事をしなくても、建具を変えるだけで開放感のある室内に変わります。


その他にも、たとえば照明は「ライティングレール」に変えることで、視界を遮らないすっきりとした印象に変わっています。


また写真左手部分の押入れの引き戸は「ホワイト大壁」と同じ様な考え方のもと、クロスと同じ白で塗装し、部屋の印象をよりシンプルに変えました。


まとめると、2階部分では以下のレシピを使用しています。それ以外のクロスや床は全て既存のままです。


・間仕切り建具→「広がり建具」に交換

・押入建具及び押入れ枠→既存壁クロスと同色で塗装「ホワイト大壁」

・照明→「ライティングレール」に交換




[改修後/2階ダイニングスペース]


ダイニングスペース側からリビングリビングスペースを見た構図です。2つの部屋に一体感が生まれました。


また「広がり建具」にすることによって隣り合っている部屋の窓からも光が入るようになり、以前に比べて室内が明るくなりました。



[改修後/1階手前の居室]


次は一階部分に移ります。


正面の二枚引戸と左手の一枚引き戸をそれぞれ「広がり建具」に変えることで、二回と同じように明るい印象になりました。


また奥の居室が寝室として利用されることを想定し、上下とも半透明にカスタマイズすることで、プライバシーに配慮しています(押入れの建具を広がり建具に変える際も、このカスタマイズは有効です。)



[改修後/1階真ん中の居室]



[改修後/玄関・廊下]


最後に、玄関部分は靴箱を撤去し可動棚を設置しています。階段は濃い茶色で暗い印象だったものを白系で塗装する事によって、明るい印象にかわりました。


また写真左手のスイッチプレートやフック等、小物類はお馴染みの「チーム銀色」でまとめることで、清潔感と爽やかな印象を生んでいます。



******



かくして、壁紙やフローリングなどの内装仕上げをいじらないまま、効果的にレシピを使うことで、物件の印象を大きく変えることができました。


このように既に現状回復をしていて追加でコストをあまり掛けたくない場合にも、モクチンレシピを使うことで物件の魅力を向上させることができるのです。


「アパート改修デザイン講座」「モクチンスクール報告書」では具体的な物件の物件の分析方法やレシピの組み合わせ方を学ぶ事ができます。こちらもぜひ参考にしてみてください。


では!


この記事に出てくるレシピ

お問い合わせ

改修のご相談はモクチン相談室へ
相談室に問い合わせる
特集リノベーション図鑑
2017.10.25 
時代遅れになってしまった、ワンルームタイプのロフト付アパート改修
特集メディア掲載情報
2017.08.01 
「モクチンレシピ」が、ja106 『Towards a New Urban House 都市へ向かう住宅』に掲載されました。