時代遅れになってしまった、ワンルームタイプのロフト付アパート改修

今回は80年代から90年代にかけて数多く建てられた、ロフト付のワンルームタイプの物件の改修についてご紹介します。当時最先端の設備だった3点ユニットバスや、ロフトの使いやすさは、今では時代遅れの厄介者。どのような改修がありえるのか、レシピを使った実例をお届けします。

この記事は会員専用記事です。
メンバーズ会員になって、記事を読めるようにしましょう!

メンバーズ会員になる

この記事に出てくるレシピ

お問い合わせ

改修のご相談はモクチン相談室へ
相談室に問い合わせる
特集リノベーション図鑑
2018.03.23 
[会員限定] 整え方と残し方!間取りが細かく、部屋数が多すぎる戸建て物件の改修
特集今月のおすすめレシピ
2017.12.15 
12月のおすすめ:外構を制する者が改修を制す。「縁側ベルト」と「ポツ窓ルーバー」
特集アパート改修デザイン講座
2018.05.11 
[会員限定] [物件の分析] シークエンスから考えよう
特集集めよう木賃パーツ
2018.06.15 
「白いタイル」と「木製土台」の二層構造。レトロ洗面器の陰影。