特集メディア情報
2021.06.25 
モクチンパートナーズ・日建不動産との取り組みが「全国賃貸住宅新聞」に掲載されました

こんにちは。新潟県上越市で不動産事業を展開する、モクチンパートナーズの日建不動産(ピタットハウス上越店)とのサービスが、全国賃貸住宅新聞6月21日号に掲載されました。

モクチン企画の最新情報を
お届けします!

日建不動産、モクチン企画と提携し建物再生サービスを展開


『日建不動産、モクチン企画と提携し建物再生サービスを展開』(外部サイトへ移動します)


今回掲載された、「 縁  en  」は、「⼈と⼈、⼈と不動産をつなぐ」をコンセプトに、主に若いファミリーのような、家を建てるにはまだ早いけど、アパートではのびのび暮らせないという方へ、実家を貸家としてつなぐ、建物再生サービスです。


基本的には、一定の調査の上、日建不動産にて空き家を買取ります。修繕が必要な場合には、新築のように上書きするのではなく、なるべく既存の住宅の佇まいを活かして、家の物語が更につながるように改修プランを工夫します。なお引き継ぐ実家の様子は、改修前後の写真をもとに「フォトブック」を作成し、家主にプレゼントすることで記録として残ります。






今回のサービス開始により、築古物件のイメージアップと空き家再⽣事業の推進、地域の不動産価値の向上に寄与していきたい考えです。
また、「 縁  en  」と関連するプロジェクトとして、今年の3月に開催されたモクチン企画主催のオンラインイベント、CONNECT #04「終わりのデザイン」×「活かすデザイン」から、文字通り「縁」がつながった、建物にお別れをいう「棟下式」の開催など、物語をつなぐための施策を実行に移しています。

そちらは改めてご紹介しますのでご期待ください。