築30年前後のロフト付物件の効果的な更新

「リノベーション図鑑」では、モクチン企画が行った物件改修のポイントを解説しています。

今回は、築30年前後、バブル時代に建てられた物件を効果的に更新(改修)した事例をご紹介します。


この時期に建てられたアパートは多数存在しますが、多くの物件が建材・設備機器ともに経年劣化が進み、様々な更新が必要な時期を迎えています。しかしながら大規模な改修工事は、既に入居者がおり稼働している賃貸物件ではなかなか現実的でありません。


とはいえ、退去時にただ盲目的に原状回復するだけではなく、少しの工夫や視点を変えること・また目的をもって改修を行っていくことで少しずつ物件を更新し、魅力を作っていくことは十分可能です。

この記事は会員専用記事です。
メンバーズ会員になって、記事を読めるようにしましょう!

メンバーズ会員になる

この記事に出てくるレシピ

お問い合わせ

改修のご相談はモクチン相談室へ
相談室に問い合わせる
特集動画:築古賃貸物件ワンポイント改修メソッド
2019.08.22 
[会員限定] 2-3.これはダメ。「木目を塗りつぶす」
特集リノベーション図鑑
2019.08.22 
築27年の1LDKマンションを明るく機能的な部屋へ改修
特集レシピ改善速報
2019.08.09 
8月のレシピ改善速報ーシャイニング玄関
特集今月のおすすめレシピ
2019.08.02 
8月のおすすめ:これぞレシピの真骨頂「ホワイト大壁」
特集動画:築古賃貸物件ワンポイント改修メソッド
2019.08.01 
[会員限定] 2-2.これはダメ。「押入をクローゼットにする」
特集集めよう木賃パーツ
2019.07.18 
家主と住人をつなぐ??、超アナログコミュニケーションツール。