キッチンと和室にメリハリを。築古1K物件の改修。

「リノベーション図鑑」では、モクチン企画が行った物件改修のポイントを解説しています。今回は、1K、和室、バランス釜が揃った典型的な木賃アパートの改修です。品のある和室を活かしながらもメリハリをつけ、現代的に改修した事例を紹介します。

和室の改修を行う時によくあるのは、真壁を大壁にしたり、畳をフローリングにすることで、見た目を洋室に変えてしまうパターンです。とはいえ盲目的な洋室化ほど、高コストで無意味なことはありません。物件の特徴にあわせて、和室の設えを再利用することができれば、洋室化にくらべて改修費用を大きく圧縮することができます。

この記事は会員専用記事です。
メンバーズ会員になって、記事を読めるようにしましょう!

メンバーズ会員になる

この記事に出てくるレシピ

お問い合わせ

改修のご相談はモクチン相談室へ
相談室に問い合わせる
特集動画:築古賃貸物件ワンポイント改修メソッド
2019.08.22 
[会員限定] 2-3.これはダメ。「木目を塗りつぶす」
特集リノベーション図鑑
2019.08.22 
築27年の1LDKマンションを明るく機能的な部屋へ改修
特集レシピ改善速報
2019.08.09 
8月のレシピ改善速報ーシャイニング玄関
特集今月のおすすめレシピ
2019.08.02 
8月のおすすめ:これぞレシピの真骨頂「ホワイト大壁」
特集動画:築古賃貸物件ワンポイント改修メソッド
2019.08.01 
[会員限定] 2-2.これはダメ。「押入をクローゼットにする」
特集集めよう木賃パーツ
2019.07.18 
家主と住人をつなぐ??、超アナログコミュニケーションツール。