グランバニアン


すっきりと伸びやかな部屋


奥行きが深く、暗い印象だったこの物件。玄関から縦に長いLDKまで、連続したライトグレーの「のっぺりフロア」を使うことで、奥まで光が届く様になり明るい印象になりました。さらに、「きっかけ長押」「カーテンシェルフ」「ひさし棚」など、木造作系のレシピを加えていく事で収納力・機能性もアップ。シンプルでありながらも、入居者が工夫して使える余地のある物件になりました。

改修前の様子

極端に縦に長い間取りに加えて濃い色の床の影響で、角部屋にも関わらず部屋の奥まで光が届かず薄暗い印象でした。また広さに対して収納スペースが物足りなく感じられました。

物件データ

間取り:1LDK
場所:埼玉県越谷市
構造:鉄骨造
築年数:1992年
面積:約40.9㎡

お問い合わせ

改修のご相談はモクチン相談室へ
相談室に問い合わせる
和光荘 13号室
どんな好みにもこたえてくれるシンプルさ
小栗荘
学生プロジェクト時代に手がけた、最初の改修プロジェクト
ハイムミユキ
薄暗かった部屋を爽やかな印象に
蕨の戸建て
築古戸建てを暮らし方に合わせてリニューアル