アイリッシュコート101

郊外にある典型的な内装・間取りのアパートの改修です。茶色のシックなキッチン+玄関と、その奥にある白い居室が対比的に感じられる仕上がりにしています。改修前は、アパートの敷地の入り口から部屋の奥までダラダラと平凡な空間が奥まで続いている状態でしたが、キッチン+玄関を素材感を大切にしながら茶系の色で統一塗装し、奥の部屋をシンプルに仕上げることで、個々の部屋に特徴を持たせ、空間同士の関係性がメリハリのあるものになりました。奥の白い居室は個別で見ればどこにでもあるような一般的な白仕上げの部屋ですが、手前に個性的なキッチンがあることで、意味のある空間として活かされます。

改修前の様子

はたざお敷地の落ち着いた場所に建っているアパートです。居室の前にはちょっとした外構スペースもあり個々の居室自体は一般的な仕上げのアパートですが、部屋同士のつながりが魅力的なアパートでした。

物件データ

場所:相模原市中央区淵野辺
構造:木造2階建て
築年数:28年
家賃:¥52,000
面積:19.9m2

お問い合わせ

改修のご相談はモクチン相談室へ
相談室に問い合わせる
マテリアル東元町 102
奥行きと広がりが感じられる物件に
シティハイム92 204
天井の高さを感じられるロフト付き物件へ