ハイムエリカ


部屋の特徴を活かす最低限改修


現状回復済の物件でコストを抑えた改修が求められたため、ワンポイントで印象を変えるレシピを主に用いています。「チーム銀色」で細かい部分から清潔感を高め、「ライティングレール」を2本流すことで部屋の広さを印象づけています。クリーニングと合わせて「ギンギラキッチン」で、古いキッチンの表情を変えています。少ない外部空間を有効利用できるよう「窓からデッキ」を設置しています。

改修前の様子

天井高が高めでゆったりとした1Kの部屋でしたが、旗竿敷地の奥に建つため全体的に薄暗い印象でした。新築時の照明が使われ続けており、物件を時代遅れに感じさせていました。

物件データ

間取り:1K
竣工:2016年12月
場所:神奈川県横浜市
構造:木造2階建て
築年数:1987年
面積:約23㎡

お問い合わせ

改修のご相談はモクチン相談室へ
相談室に問い合わせる
マテリアル東元町 202
奥行きと広がりが感じられる物件に
ニューエンジェルハイツ
特徴のない和室を爽やかに
広瀬コーポ 101
壁を使い倒すしかけ
Rハイム 202号室
階段下のちょっとスペースを棚に