アクシア 2F

大きな連窓からの自然光が最大限活きるように、基本的な間取りはそのままで「ホワイト大壁」や「のっぺりフロア」を使い全体をすっきりとまとめました。
既存のガラス戸棚や連窓など目線の上部にポイントがあることで、シンプルになりすぎず軽やかな印象になりました。
また「ひろがり建具」「きっかけ長押」や洗面カウンターなど、新規の造作は明るい色味の造作でまとめることでメリハリを作りました。

改修前の様子

全体的に濃い色味の内装で仕上げられており、薄暗い印象でした。

物件データ

場所:神奈川県川崎市
面積:約41.38㎡

お問い合わせ

改修のご相談はモクチン相談室へ
相談室に問い合わせる
コーポ赤沼202
素材の違いを楽しむ和室
下前の戸建て
最小限の手数で魅力的な一戸建てに
コーポ赤沼203
建具の操作でひろがりの感じられる部屋に
マテリアル東元町 102
奥行きと広がりが感じられる物件に