ハイムミユキ


薄暗かった部屋を爽やかな印象に


劣化の著しかった壁や天井を手直しし、まとまり良く仕上げました。

居室部分の畳敷きだった床は「ざっくりフロア」に変えています。既存利用している板の間やガラス戸の色合いに合わせて、ざっくりフロアは濃いめの色で塗装しています。

玄関・水回り側は「のっぺりフロア」を使い、居室側と雰囲気が切り替わる様にしました。

室内を構成している4種類の建具(襖・ガラス引戸・トイレ開戸・浴室開戸)は、あえてそのまま活かす事で、シンプルに仕上げた内装のなかにも個性が生まれています。

ちなみに「のっぺりフロア」など改修の一部は、オーナー様がDIYで施工されています。プロ顔負けの施工精度には驚きました。

改修前の様子

砂壁や天井など表装の劣化が目立ち、薄暗い印象でした。他方で細く繊細な周り縁や、天井まである大きな腰窓など、他にはない特徴をもった物件でした。

物件データ

間取り:1K
竣工:2016
場所:神奈川県川崎市
構造:木造二階建
築年数:1983
面積:24.0㎡

お問い合わせ

改修のご相談はモクチン相談室へ
相談室に問い合わせる
丸山ハイツ
現状回復済みの古いアパートに一工夫
コーポ赤沼203
建具の操作でひろがりの感じられる部屋に
シティハイム92 207
個性的な出窓によって一味違ったワンルームアパートへ
シティハイム92 202
最小限の手数で、ロフト付き物件の価値を最大化