和光荘 15号室


床から生活を切り替えよう


6畳二間の間取りを活かして、床の素材を切替ました。手前の6畳は「ざっくりフロア」でテーブルなど家具を置きやすい作りとしています。奥の6畳は畳の表替えのみ行いましたが、二面採光で明るい部屋なのでゆっくりと過ごせるお部屋に仕上がりました。
和式トイレは洋式トイレへ変更し、バランス窯の浴室は「ひとへやシャワー」で広めのシャワールームに更新しました。
各室共通で「ぱきっと真壁」「チーム銀色」を、「ライティングレール」はシルバーのものを選ぶことで部屋に清潔感と明るさをプラスしています。


またシルバーの扉に「木賃ナンバーズ」を施すことで、物件の印象を変えています。


もともとの立地環境の良さを最大限に活かした、シンプルな内装に生まれ変わりました。

改修前の様子

二面採光で明るく、窓の外には緑が広がる好環境でした。しかし暗い色の砂壁で、内装は暗い印象でした。和式便器や小さな浴槽など、建物の古さを随所に感じるつくりとなっています。

物件データ

間取り:2K
竣工:1960年代
場所:埼玉県越谷市
構造:木造
面積:29㎡

お問い合わせ

改修のご相談はモクチン相談室へ
相談室に問い合わせる
富士見ハイツ
庭と部屋を一体的に改修
パラッツォ北綾瀬
窓際と壁を機能的に改修
シティハイム92 205
ちょっとした操作でロフト物件を魅力的に
シティハイム92 207
個性的な出窓によって一味違ったワンルームアパートへ