コーポ赤沼203

居室とキッチンを仕切る建具を「ひろがり建具」にすることで、部屋と部屋に繋がりが生まれ明るい印象に変わりました。表装は使える所はできるだけそのまま使い、照明や細かいパーツ類の交換に留めてコスト抑えながら印象を変えています。

また外構は「さわやか銀塗装」と「木賃ナンバーズ」を使い扉周りの印象を大きくリニューアルしました。

改修前の様子

特に変哲の無い一般的な1K和室物件でした

物件データ

場所:埼玉県川口市
構造:木造
築年数:1986
面積:約25.00㎡

お問い合わせ

改修のご相談はモクチン相談室へ
相談室に問い合わせる
コーポ赤沼202
素材の違いを楽しむ和室
松原コーポラス
木部の質感とシックな床面
文京区の戸建て
設えの良い戸建ての既存を活かした改修
アイリッシュコート101
異なる二つの空間で個性的な部屋に