マテリアル東元町 201

4部屋のアパートのうち3部屋と、外構の改修を行ったプロジェクトです。

畳敷きの6帖・4.5帖の2間続きだった2Kの部屋を「ひろがり建具」を中心に用いる事で奥ゆきと広がりを作りつつ、各部屋ごとに異なる印象で改修しました。

201号室では手前の4.5帖を「ホワイト大壁」使い玄関/キッチン/水周りと連続した明るい雰囲気とし、奥の6帖は「ざっくりフロア」を使い木質の雰囲気が引立つ様に仕上げました。

印象が大きく違う2間があることによって部屋にメリハリが生まれています。

改修前の様子

物件データ

場所:東京都国分寺市
構造:木造2階建て
築年数:1991年
面積:一部屋30m2

お問い合わせ

改修のご相談はモクチン相談室へ
相談室に問い合わせる
スリーパル
デッドスペースを有効活用
川口の戸建て
シャープな質感で引き立つ和室