松原コーポラス


木部の質感とシックな床面


黒い床と白い壁・天井でシンプルに仕上げた部屋のなかに、フロスト部分と透明部分を上下反転させた木製建具、奥行きの深い箱形の巨大な収納、床から少し浮いた浮遊感のある靴箱、好きなものを飾れるように仕掛けを施した窓枠など、個性豊かな家具を点在させました。白と黒のさっぱりとした空間に木製の建具が加わることで、シンプルでありつつも暖かみや生活感が感じられる部屋に仕上げることができました。

改修前の様子

居室は畳で、押入れと床の間のある部屋でした。老朽化が激しい状態でした。

物件データ

間取り:1K
場所:東京都狛江市
築年数:1985年
面積:26.4m2

お問い合わせ

改修のご相談はモクチン相談室へ
相談室に問い合わせる
フロムファーストⅡ
地域とアパートの関係を調整
蕨の戸建て
築古戸建てを暮らし方に合わせてリニューアル
川口の戸建て
シャープな質感で引き立つ和室
パラッツォ北綾瀬
窓際と壁を機能的に改修