マテリアル東元町 202

4部屋のアパートのうち3部屋と、外構の改修を行ったプロジェクトです。

畳敷きの6帖・4.5帖の2間続きだった2Kの部屋を「ひろがり建具」を中心に用いる事で奥ゆきと広がりを作りつつ、各部屋ごとに異なる印象で改修しました。

201号室では「幅広フローリング」を全面に使うことで、玄関→4.5帖→6帖→ベランダと奥に広い物件の特徴を活かして一体感をつくっています。

「ひろがり建具」の抜け感と相まって、シンプルで開放感のある部屋に変わりました。

物件データ

場所:東京都国分寺市
構造:木造2階建て
築年数:1991年
面積:一部屋30m2

お問い合わせ

改修のご相談はモクチン相談室へ
相談室に問い合わせる
ハイムミユキ
薄暗かった部屋を爽やかな印象に
シティハイム92 204
天井の高さを感じられるロフト付き物件へ