広瀬コーポ 102


表情豊かな質感の部屋


三間続きで奥行きのある物件を、間取りを変更せず既存を活かしながらもメリハリをつけて改修することで、様々な質感の感じられる表情豊かな物件となりました。

改修の大きなポイントとして、玄関から真ん中の居室の壁面まで貫入するように連続した「(仮)穴あきウォール」をつかうことで、物件の特徴をつくっています。有孔ボードの壁にすることで、入居者が自由に工夫して収納やディスプレイをたのしむことができます。

それ以外の真ん中・奥の居室は元々の仕上げを部分的に活かしながら、設備機器・パーツの交換と合わせ最小限の改修に留めています。

 

改修前の様子

奥にながく、全体的に薄暗い印象でした。また中途半端にリフォームされていました。

物件データ

間取り:2K
場所:東京都江戸川区
構造:木造
築年数:1984年
面積:約39.74㎡

お問い合わせ

改修のご相談はモクチン相談室へ
相談室に問い合わせる
シティハイム92 104
ワンルームの部屋をすっきりシンプルに
小栗荘
学生プロジェクト時代に手がけた、最初の改修プロジェクト
松原コーポラス
木部の質感とシックな床面
アイリッシュコート100
コストと見た目の両方にメリハリをつけた改修