若林パート6


変わった天井のかたちを活かしてロフトを魅力的に


専有面積の小さいロフト付物件の改修です。ロフト付物件の強みである高さを活かした「051.立体天井」というレシピを中心にしたシンプルな改修がされています。また、部屋を横切る横材を「026.木肌美人」によって露にし、「041.市松フローリング」を床に採用することで、木の粗い質感がと綺麗なしっとりとした壁紙が組み合わさりバランスのとれた魅力的な空間になりました。

改修前の様子

よくみるタイプの一般的なロフト付き物件でした。専有面積の狭い部屋のため多少圧迫感がありました。

物件データ

間取り:ロフト付き
場所:東京都世田谷区
構造:木造2階建て
築年数:1987年
面積:12.00m2

お問い合わせ

改修のご相談はモクチン相談室へ
相談室に問い合わせる
小栗荘
学生プロジェクト時代に手がけた、最初の改修プロジェクト
文京区の戸建て
設えの良い戸建ての既存を活かした改修
神明町の戸建て
減築によって光と風の入る住まいへ
ハイムミユキ
薄暗かった部屋を爽やかな印象に