広瀬コーポ 101


壁を使い倒すしかけ


中途半端に洋室化、間取り変更がされていた1LDKの物件を、「のっぺりフロア」「ライティングレール」「ぱきっと真壁」などを使い整理しつつシンプルに仕上げました。上記のレシピによって部屋全体が明るくなり、また既存を最大限活かしている奥の和室との対比が生まれ、メリハリのある印象に変わりました。

これらのレシピを使い全体的に整えた上で、玄関周辺の壁面に新レシピ「(仮)穴あきウォール」を使い部屋の特徴付けと機能性を持たせました。有孔ボードの壁にすることで、入居者が自由に工夫して収納やディスプレイをたのしむことができます。

改修前の様子

中途半端に洋室化されており内装のバランスが悪く感じられました。またトーンが暗い色の天井・床の面積が多く薄暗い印象でした。

物件データ

間取り:1LDK
場所:東京都江戸川区
構造:木造
築年数:1984年2月
面積:約38.36㎡

お問い合わせ

改修のご相談はモクチン相談室へ
相談室に問い合わせる
南台の戸建て
木造一戸建てをDIY可物件へと改修
富士見ハイツ
庭と部屋を一体的に改修
アクシア 3F
明るく開放的なリビング
アイリッシュコート100
コストと見た目の両方にメリハリをつけた改修