Rハイム101号室


ロフトと居室の距離を近く


元々段差の多い物件であったためそれを活かすことと、ロフトと居間の距離が遠いということが課題でした。結果的にはいくつかの家具系のレシピを選び、部屋全体を立体的に使えるようにしました。また、家具系のレシピによって、居間とロフトの距離を近づけ部屋の一体感を高めました。

改修前の様子

収納のない部屋のためロフトが物置として使われ、高さの限られたロフト下とはしごのかかった居間部分が生活空間として使われていました。 居間とロフト。生活空間と物置。この上下の分離された関係性を変え、価値へと転換することが求められました。

物件データ

間取り:ロフト付き
竣工:2011年9月
場所:東京都調布市
構造:木造2階建て
築年数:20年
家賃:(改修前)50,000円→(改修後)55,000円
面積:14.6㎡

お問い合わせ

改修のご相談はモクチン相談室へ
相談室に問い合わせる
広瀬コーポ 102
表情豊かな質感の部屋
小栗荘
学生プロジェクト時代に手がけた、最初の改修プロジェクト
カマタ_クーチ
密集市街地に空地をつくる
サンパレス国分寺
既存をうまく残した改修