渋谷の戸建て

築古の戸建が増改築の繰り返しで長屋として利用されていました。お施主様の意向で、将来的に長屋として再利用できる可能性を残しながら、改めて戸建て住居として利用しやすいよう改修しました。意匠のリニューアルはもちろん、全面的な構造補強や設備の更新を実施しています。
外壁は「さわやか銀塗装」を応用して、ガルバリウム鋼板を貼り耐久性・美観を向上させています。内部は「ホワイト大壁」でフローリングも含めて白く明るくまとめて、元の暗い印象を払拭しました。「木肌美人」で清掃・研磨を行った梁を白い空間のアクセントとし、物件の印象が単調にならないよう注意しています。

改修前の様子

増改築が繰り返されており、構造補強・設備の更新、内装のリニューアルが必要な状態でした。

物件データ

場所:東京都
構造:木造2階建
築年数:60年以上
面積:1階 64.65㎡ 2階 51.29㎡

お問い合わせ

改修のご相談はモクチン相談室へ
相談室に問い合わせる
マテリアル東元町 102
奥行きと広がりが感じられる物件に
スリーパル
デッドスペースを有効活用