島崎荘


仕上を変えて個性的な各部屋に


玄関廊下・キッチン、4.5帖間、6帖間の床材をそれぞれを異なった仕様にすることで、木造らしいあたたかみのある印象は残しながらもメリハリの感じられる空間に変わりました。

改修前の様子

細長い玄関廊下・キッチンと畳2間の典型的な古いタイプの木賃でした。キッチンは新しいものに交換されていましたが、それのみが新しい物で内装とアンバランスな印象でした。

物件データ

間取り:2K
竣工:2016年8月
場所:埼玉県川口市
構造:木造2階建て
築年数:1978年
面積:35.0㎡

お問い合わせ

改修のご相談はモクチン相談室へ
相談室に問い合わせる
サンパレス国分寺
既存をうまく残した改修
フロムファーストⅡ
地域とアパートの関係を調整
渋谷の戸建て
再建築不可物件の全面改修
コーポ赤沼202
素材の違いを楽しむ和室